純粋な親切心でさえも、実はマウンティングだったことに驚き!!

困っていたら助けてあげたい、分からないことがあったら教えてあげたいというのは、純粋な親切心からくるものと思っていました。けれども、そのときの自分を見てると、そうでもなさそうなんです。というのも、困っている人・分からない人を見ると、自然とあ…

会話って難しいよね。ハマる会話ってどうやったら出来る?

普段なにげなく交わしている会話。すっごく違和感のあるならまだしも、それっぽいんだけどなぜかしっくりこない、と感じるのがほとんどです。表面をさらっとなぞっただけだと、物足りない、ハマったように感じられないんですよね。それはしょうがないことな…

結婚したら味方ができるとか、幻想です

結婚を望む理由の一つが「精神的安定」。一人でいるより、二人でいたほうが、寂しさや辛さを分かち合えそう、という予測を我々は立てている。けどね、そんなの幻想です。寂しさも辛さも分かってくれやしません。それどころか、「そんな小さなことでくよくよ…

あの人と会うとなぜこんなに疲れる?

いい人なんだけど、あの人と会うとなぜか疲れるという人はいないでしょうか?おしゃれだし、「会えて嬉しかった」といってくれるし、「あなただから話せる」ともいってくれる。でも…、会うと2-3日はぐったりする。私と相性悪い?という思いがぐるぐる頭を巡…

結婚できない人は、なぜ結婚できないままなのか?

なんとも奇っ怪なタイトルに思われるかも知れません。結婚できないからに決まっとるやろっ、とツッコミを食らいそう。けど、これめっちゃ大事なことなんです。結婚できない人が、結婚できないままなのはなぜか?その「なぜ」が見つからないから、独身のまま…

「うつ」って自分がここにいていいか分からなくなる病気なのかも

最近、芸能人が「うつ」でおやすみすると発表され、ふたたび「うつ」に関心が集まっているように思います。昔にくらべてずいぶんと「うつ」は身近な存在となりました。たしか画像解析もすすんで「うつの脳」を見分けられるようになったとか聞いたなぁ。そん…

親ほど子供の気持ちを分かって「いない」存在はない

自分の事を本気で心配してくれるのは、親だけだ。 親ほど自分を理解してくれてる存在はない。そう思ってはいないだろうか?だからこそ、親に従い、親を大切にする。だが、敢えて異を唱えたい。親ほど子供の気持ちを踏みにじり、無碍にする存在はいないのだと…

「相談がある」→「手に余るもの押しつけられる」と理解しよう

「相談がある。話できない?」と言われると、「なに?なに?私に頼りたいのかな(ウキっ)!」と思う人もいるでしょう。役立てるチャンスが回ってきた、と思うと、存在を認められた気になるのです。しかし、相手はそうは思ってません。もっていたくないもの、…

SNSによるマウンティングにはこう対処すれば角が立たない

人間界の優位性を競い合うマウンティングに関する興味深い記事を見つけました。news.livedoor.com自虐風を装ってるだけに、反撃しにくいんだそうです。たしかに、自分下げの言いぶりだと、追加で攻撃するのがはばかられますよね。そんなときは、こんな風に対…

こういう人を見ると心がザワつく~私の苦手な人

どんな人が苦手ですか?人によって回答は分かれそうです。どの回答もそれっぽくみえる。その中から、私個人が苦手とする人を考えました。その人はズバリ、「私を押し出す人」です。たとえば、毎回「こんにちは、○○コーディネーターの××です。」から始まるブ…

親の「普通に育って欲しい」が子供を潰す

子を宿したとき、すべての親が「この子は健康で、幸せになって欲しい」と願います。妊娠中から、食べ物に気をつけ、話しかけ、優しく見守ります。それはひとえに、子を思う親心。けれど、それが落とし穴です。子を思うばかり、つい普通に育って欲しい、イジ…

受け入れてくれる人が現れる日を待つと寿命が尽きてしまう

アダルトチルドレン(AC)が、喉から手が出るほど欲しいものは、「誰かに受け入れられて、安堵できること」。虐げられてきた自分を拾い上げてくれて、気持ちを引き出してくれて、たとえ意見がぶつかったとしても自分の方を優先してくれる、なんならぶつかった…

話の盛り上がりの明暗を分ける鍵はこれ!

話し下手さん、毎日の会話、ご苦労様です。さぞ頑張っていらっしゃることでしょう。その割に盛り上がりに欠ける、場がしらける、みんないなくなるとしたら、悲しくなっちゃいますよね。盛り上がるってどうしたらいいんでしょう?なにから話せばいいんでしょ…

「ろくなのいないわ」婚活で発症する「いい男いない病」はこう対処すればいいんじゃない?

結婚相手が見つからず、眉をひそめてしまうような男性に出会うと、つい「いい男いない」と言ってしまう女性を叩くことはいくらでもできます。「あ~ろくなのいないわ」婚活で発症する「いい男いない病」 治すには「自然に結婚できなかった者同士という謙虚な…

アンビリーバボーでアシュリーの癌が突如消えたワケを考えてみる

昨日たまたま見ていたフジテレビの「奇跡体験!アンビリーバボー」で、若いお母さんが原発巣不明の癌におかされ、全身に転移しステージ4で余命半年となったところから、たった数ヶ月で癌が消えたというミラクルを紹介していました。癌が消える…。まさに魔法…

聞いて欲しい・分かって欲しいと思うときはどうすればいいか?

世の中、私の話を聞いて欲しい・私のことを分かって欲しいであふれています。かくいう私がそうでした。距離を縮められたと感じたが最後、心の中にたまっていたものを、袋ごとひっくり返すように、隅の隅まで出し切らないと気が済みませんでした。とうぜん相…

人を思い通りにしようとする人アレルギー

人には二パターンあるように思います。一つは相手を相手のままにしておくタイプ、もう一つは相手を思い通りにしようとするタイプ。私は、後者のタイプがものすごく苦手なようです。どれくらいかっていうと、卒倒してしまうほど。実際に何度か倒れたことがあ…

依存的でしつこい人には、きっぱりと突き放す方がよい

負の感情が溜まると、「話を聞いて欲しい」と連絡してくるあの人。ほんとうに厄介ですよね。けれども下手をすれば逆上し、周りにあることないこと吹き込むかもしれない。だからじっと我慢して話をきく。心は限界、身体も限界。そんなときどうしたらいいんで…

子供を嫌われる子にしてしまう親、好かれる子にする親

「なぜ、自分は嫌われてしまうのか?」、若い頃悩んだことがありました。さすがにこの年になると、嫌いたきゃしょうがないで諦められますが、やはり嫌われるって、気持ちのいいことじゃないですよね。気持ちのいいことじゃないってことは、どこか問題点があ…

人を思いやれるようになるには、どうしたいいの?

愛するペットを不注意で亡くしてしまったら…想像するだけで胸が痛いです。けれども、そういうのは珍しくなくて、ちょっと目を離した隙に脱走して事故に遭う、大型犬にかみつかれて負傷する、食べてはいけないものを口にしてしまう、安全と思っていた屋内で思…

親から批判され続けた子供が立ち直るには?

外からの刺激が怖い、内にこもってしまいたいという感覚に襲われること、ありませんか?周りは敵だらけで、なにか言おうものなら、即座に否定されると思い込んでしまうのです。そういう歪んだ渦中にあるとき、自分を救うものってなんなんだろうと思います。…

なぜ友達は減り続けるのか?

学生のときは、大勢友達がいたのに、中年にさしかかると、いないかもしくは数人しかいない、という嘆きをよく耳にします。これってなぜだか、わかりますか?忙しくなった、境遇が違った、経済力に差が出た。つまりは「合わなくなった」んです。でも合わない…

「一人で死んで」ということの危うさ

川崎で起きた殺傷事件、亡くなった方、ケガを負われた方、事件を見て心に傷を負った方に、のことを思うと、言いようもない憤りと理不尽さを覚えます。犯人が自殺したこともあり、事件直後は「一人で死んで」という論調に深くうなずく自分がいました。けれど…

感情をぶちまける人は、正真正銘のおバカだと思う

なんでもかんでも思ったこと晒してしまう人って身近にいませんか?自らの不幸話にはじまり、昔やってたやんちゃ話、現在進行形の恋愛に至るまでつまびらかにご披露される。こういうのを「距離なしさん」というらしいのですが、私にはこの「距離なしさん」が…

家庭に「納得」を求めると家族が崩壊する

世の中には頭のいい人がごまんといます。その人たちは、目の前の問題をさっと片付け、周りから尊敬と羨望の眼差しを向けられます。けれどもそういう人に限って、家庭が上手くいかないことが多いように思います。理由は「納得」を求めるから。「主張するなら…

なぜ人は恋をするのか

私達は、なぜ恋をするのでしょう?それは、「生きていくのに有用だから」。 さらにいえば、「安易に命を投げ出さなくなるから」です。私達はみな、多かれ少なかれ傷ついています。「もう、全部やめにしたいな。なかったことにしたいな。」と自暴自棄になるこ…

美人と褒められるのはブスと貶されてるのと同じ

「美人さんやねぇ~」「ほんと、きれい」「美しい顔立ちだね」と言われて気を悪くする人はいない、と思っていました。けれども、よくよく考えると微妙な気持ちです。なぜなら、褒め言葉は貶し言葉でもあるからです。

お葬式でかける言葉が見つからないことありませんか?

人が死ぬ、ということにはマイナスのイメージがつきまといます。哀しみ、憂い、喪失感、を表すかのような黒。残された者の沈んだ気持ち、将来への不安といったものを察知した参列者は、「なんと声を掛けてよいものか…」と途方に暮れます。いわゆる「いい言葉…

いつの間にか会話泥棒しちゃってない?

相手の話を聞くつもりが、いつの間にか自分の話してしまっている。そういう会話泥棒しちゃってません?たとえば 相手:この前、すっごく美味しいアンパンいただいたの。パンはもちもちで、こしあんの甘さが最高だったわ。 私:へぇ~。どこの? 相手:○○屋っ…

心底困ってるときに他人の苦労話など聞きたくない

母親が退院したとき、お見舞いに来てくれた人がそろえて口にしていたのが、「私の知り合いにも同じ病気をした人がいてね…」。面識もない友人の知り合いの話に、困惑した母親の顔が忘れられません。けっして健康な体に戻ったわけではない。将来に不安を抱える…