「ろくなのいないわ」婚活で発症する「いい男いない病」はこう対処すればいいんじゃない?

結婚相手が見つからず、眉をひそめてしまうような男性に出会うと、つい「いい男いない」と言ってしまう女性を叩くことはいくらでもできます。

「あ~ろくなのいないわ」婚活で発症する「いい男いない病」 治すには「自然に結婚できなかった者同士という謙虚な気持ち」が必要? | キャリコネニュース

むしろそうするのはあたりまえと言っていいのでしょう。あれこれ注文を寄せる強欲な姿を見て、贅沢いうな!自分の顔を見ろ!と思うのが、自然です。

けれど、敢えていいたい。私達の腹立たしさににまかせた発言が、彼女たちのためになるのかと。本当は、いいたい放題の人を野放しにしたくない私達の問題じゃないのか?

もっとよく彼女たちの心を見てみましょう。今とは違う姿が見えてくるかもしれません。

続きを読む

アンビリーバボーでアシュリーの癌が突如消えたワケを考えてみる

昨日たまたま見ていたフジテレビの「奇跡体験!アンビリーバボー」で、若いお母さんが原発巣不明の癌におかされ、全身に転移しステージ4で余命半年となったところから、たった数ヶ月で癌が消えたというミラクルを紹介していました。

癌が消える…。

まさに魔法のようなできごとです。けれど実際に起きたのですから、何らかの原因があるはず。公開されている情報を頼りに考えてみました。

f:id:idea-for-life:20190621162136j:plain:w400

続きを読む

聞いて欲しい・分かって欲しいと思うときはどうすればいいか?

世の中、私の話を聞いて欲しい・私のことを分かって欲しいであふれています。

かくいう私がそうでした。距離を縮められたと感じたが最後、心の中にたまっていたものを、袋ごとひっくり返すように、隅の隅まで出し切らないと気が済みませんでした。

とうぜん相手は困惑しますし、ちょっと依存気味じゃないかと引かれます。だからいつも「距離近さん→疎遠」という道筋ばかりを辿っていました。そして今になって、これはだいぶ迷惑を掛けてるんじゃないかと反省したのです。

感情まるなげ、分かって攻撃は、相手の気力を奪う迷惑行為です。かといって、ツラい気持ちはどうしようもない。そんなときどうすればいいんでしょうね?

続きを読む

人を思い通りにしようとする人アレルギー

人には二パターンあるように思います。

一つは相手を相手のままにしておくタイプ、もう一つは相手を思い通りにしようとするタイプ。私は、後者のタイプがものすごく苦手なようです。どれくらいかっていうと、卒倒してしまうほど。

実際に何度か倒れたことがあります。

長い間、なぜこうなるのか分からなかったのですが、ようやく一つの傾向として、思い通りにしようとする人と対峙すると、倒れるのだと理解しました。

もしかしたら、多くの人が思い通りにしようとしている人と出会うと、ストレスを持つのかもしれません。

それもかなりな強さのストレスを。

続きを読む

依存的でしつこい人には、きっぱりと突き放す方がよい

負の感情が溜まると、「話を聞いて欲しい」と連絡してくるあの人。ほんとうに厄介ですよね。

けれども下手をすれば逆上し、周りにあることないこと吹き込むかもしれない。だからじっと我慢して話をきく。心は限界、身体も限界。そんなときどうしたらいいんでしょう?

続きを読む

子供を嫌われる子にしてしまう親、好かれる子にする親

「なぜ、自分は嫌われてしまうのか?」、若い頃悩んだことがありました。さすがにこの年になると、嫌いたきゃしょうがないで諦められますが、やはり嫌われるって、気持ちのいいことじゃないですよね。

気持ちのいいことじゃないってことは、どこか問題点があるハズ。自分の行動を振り返って、嫌われてしまう原因を探してみたいと思います。

続きを読む

人を思いやれるようになるには、どうしたいいの?

愛するペットを不注意で亡くしてしまったら…想像するだけで胸が痛いです。けれども、そういうのは珍しくなくて、ちょっと目を離した隙に脱走して事故に遭う、大型犬にかみつかれて負傷する、食べてはいけないものを口にしてしまう、安全と思っていた屋内で思わぬトラップにかかる、などなど予想もしないことが起きて、死亡事故が起きてしまいます。

悔やんでも悔やみきれません。飼い主はなんとか気持ちを整えようと、ブログやツイッターに思いを書き出します。すると、コメントしてくるのが、同じようにペットを失った経験のある飼い主さん。

ただし、なかには自分のペットロスを吐き出そうとしている方もいます。いや、むしろそれがほとんどかもしれない。

人は心の中に成仏しきれない感情を抱えていて、ちょっとしたきっかけで、その思いを再整理しよう試みます。それ自体悪いこととは思いません。けれど、不注意でペットを亡くした飼い主さんの気持ちは置き去りになりませんか。

うまく言葉で表せないのですが、なんというか、「結局、人の事を思いやれる人って、ごくわずかで、ほとんどの人は自分・自分・自分なんだな」というがっかり感があります。

人を思う、すなわち思いやりの精神って一体なんなんでしょうね?

続きを読む

親から批判され続けた子供が立ち直るには?

外からの刺激が怖い、内にこもってしまいたいという感覚に襲われること、ありませんか?

周りは敵だらけで、なにか言おうものなら、即座に否定されると思い込んでしまうのです。そういう歪んだ渦中にあるとき、自分を救うものってなんなんだろうと思います。そして、なんでこうなっちゃたの?とも。

おぼろげにあるのは、遠き日の母に浴びせられたダメ出し。「なんで出来ないの?」「全然ダメじゃない」。辛かったその記憶をどうやって処理したらいいんでしょう。

続きを読む

なぜ友達は減り続けるのか?

学生のときは、大勢友達がいたのに、中年にさしかかると、いないかもしくは数人しかいない、という嘆きをよく耳にします。これってなぜだか、わかりますか?

忙しくなった、境遇が違った、経済力に差が出た。つまりは「合わなくなった」んです。

でも合わないとどうして、友達じゃいられなくなるんですかね?

f:id:idea-for-life:20190508124503j

続きを読む

「一人で死んで」ということの危うさ

川崎で起きた殺傷事件、亡くなった方、ケガを負われた方、事件を見て心に傷を負った方に、のことを思うと、言いようもない憤りと理不尽さを覚えます。

犯人が自殺したこともあり、事件直後は「一人で死んで」という論調に深くうなずく自分がいました。けれど、犯人のような思想の人物が「一人で死んで」解決する問題ではない気がするのです。もっと、こうなんか…本質的なことを見逃している。

「一人で死んで」オシマイ、という方法が支持されるならば、世の中は「悪いやつが死ねば解決」といく方向へ進んでいきます。「いい人だから生きるべき」人間、と「悪いやつだから死ぬべき」人間に区別される時代が訪れたとき、我が身に死ぬべきレッテルを貼られてしまったら、どうしたらいいのでしょう。

誰の中にも「邪悪」はいます。その「邪悪さ」を発動させないためには、「あなたはひとりじゃない」という受容が大切だと思うのです。

続きを読む