いくらお金をあげても人を幸せにすることは出来ない

お金さえあれば、幸せになれると思っていませんか?お金があれば、好きなことが出来る、仕事しなくていい、頭を下げなくていい。

たしかにお金があれば、煩わしさから解放されます。貧乏が理由で諦めることもありません。それでも、お金が幸せのすべてでしょうか?

好きでもないお金持ちと結婚するのは?、宝くじが当たったら?、莫大な遺産が転がり込んきたら?、幸せになれるんでしょうか。

f:id:idea-for-life:20200225184828p:plain:w400

続きを読む

愚痴ばっかり言ってくる人の対処法

口を開けば愚痴ばかり、っていう人はいませんか?

私は、母親。同居している義父母への愚痴、配偶者への愚痴、生まれ育ちといった境遇への愚痴、とどまることなくそれらを私に向けて吐き出していた、と思います。

ときには4時間以上も。

もう、これって一種の依存です。やめられない~♪、とまらない~♬、グッチ祭り♫、です。←かっぱえびせんのノリで。

ただねぇ…、時間の無駄だと思うし、ちゃっちゃと解決してしまったら?とイライラしちゃうんです。そんなとき、どう対処したらいいんでしょうか?

f:id:idea-for-life:20200218141805p:plain:w400

続きを読む

なぜそんなに根掘り葉掘り知りたがるのか?

どの世界にも、やたらと人のことを知りたがる人はいます。お金のこと、人付き合いのこと、恋人や家族のこと、それこそどーだっていいじゃないか!ということまで、知りたがる。

私は理系畑で、バリバリの職人さんみたいな上司だったにもかかわらず、プライベートに興味を示されて、閉口したことがありました。と同時に、業務に無関係なことまで人は知りたがるんだなといういやらしさをも感じたものです。

人から「知りたがり」は取りきれないのでしょうか。なにゆえそんなに知りたがるのでしょうか。

そこには、知りたいの奥に隠されたとんでもない欲が隠れていたのです。

f:id:idea-for-life:20200128131014p

続きを読む

無理に共感なんてしなくていいよ。疲れない話の聞き方とは?

人の話を聞きましょう、って促されると、ある思いが頭をもたげてきます。それは

ー私だって辛いのに、なぜ話を聞かなきゃ(受け取らなきゃ)ならんのだ?ーという理不尽さ。すでにある重しの上に、さらに重しを置かれた気分です。

人は大事で、私は大事じゃない?人は救われて当然で、私は使われて当然?私のことは誰が救ってくれる?

どんだけ考えても自分だけが貧乏くじ引かされているみたいで、納得いきません。かといって、寂しい私の相手をしてくれるメシアが現れるわけでもなく…。独りぽっちが嫌ならば、話を聞いてあげて、重しが増えていっても耐えるしかない、そうは思っていませんか?

自分の感情を支えるだけで精一杯、相手の感情に手を差し伸べる余裕なんてありません。ならばどうしたら良いでしょうか。

f:id:idea-for-life:20190111231034j

続きを読む

優しいと時に命まで失ってしまう

優しいのはいいことだ、と我々は信じて疑いません。笑顔で話そう、なるべく肯定的な返事をしてあげよう、希望を叶えてあげよう。日本人は、海外の人に比べてほんとうに人当たりが柔らかく、安心させられます。

けれども、それが仇になることもあります。世の中には、柔和に対応してくれるのをいいことに、感情にかまけて好き放題する人がいて、そのせいで優しい人が心を病んで、命を絶つこともあるのです。

優しいだけじゃダメなんです。優しくて、強くないと。

f:id:idea-for-life:20190513141523j

続きを読む

こんな些細な言葉で、人は傷つく

人を傷つける言葉ってどんなのだと思いますか?あからさまな侮蔑、排除。そういうのは想像がつきます。けど、それ以外に?、と言われると思いつかないのではないでしょうか。

実は傷つけられた本人でさえも自覚できていないんです。意識するのは、友達ができない、とかパシリをさせられるとか、で悩まされた時。なんで私は芯の強い人間じゃないんだろって。

傷ついた心は、長い時間をかけて、人格を歪ませます。社会に適応しにくい資質を醸成します。怖いですよね。

自分の身近な人が社会に出て苦労しないように、今から家庭で出来る傷つけ防止策というのを考えてみませんか。

f:id:idea-for-life:20200131173509p:plain:w400

続きを読む

なぜ、そんなに死にたくなってしまうのか?

2017年度(2017/4/1~2018/3/31)の小中学校と高校から報告があった自殺者数は250人にのぼったのだそうです。1クラス40人として、6クラス分の子が自ら命を絶つ。とても哀しいことです。

子供だけでなく大人も職場でのイジメや、就職・転職の失敗によって命を絶つ人が後を絶ちません。

誤解を恐れずに言うなれば、死ぬ・死にたくなる病というのは、確実に蔓延しているということです。

この事実を突きつけると、人々は強い拒否反応を示します。「死ぬなんて考えるなよ」「縁起でも無い」といって、目の前の事実を葬り去ろうとします。

けれども、死にたいという気持ちはそこに確実にあって、斥けられればられるほど、より鮮明にその存在が増してくる。

今、これを読んでいるあなたや、あなたの大切な人も死にたいに取り憑かれた一人なのでしょう。だったら、正面から向き合いたい、というのがこの記事の主旨です。ほんの3分でいいです。「死にたい」に向き合ってみませんか。

f:id:idea-for-life:20190805171125j

続きを読む

目の前に実物の子供がいるのに、子供のいない家庭

目の前に子供はいる。声も聞ける、触ることもできる、体温も感じる。けれどまるで子供がそこにいないようにふるまう家庭があります。そこには子供という意思ある存在がいないのです。

いるのは、子供型ロボット。

とくに40代以降は、そういう存在でいさせられたと思います。私達は、人間であって人間でなかった。今になって思い返すと、納得もいきませんし、なかなかひどいなと思うのです。社会に出たら意思を持たなきゃなんないのに、家庭では意思をもっちゃだめって、どんな矛盾だよ。

その一方で、いまだ子供型ロボットが求められ続けている。うーん、これでいいんでしょうかね?

f:id:idea-for-life:20200131133419p:plain:w400

続きを読む

「真面目が一番損をする」と心得よう

真面目という評価はね、褒め言葉でもなんでもないと思います。むしろ、「真面目なんだね~(呆れ)」や「真面目すぎるよ(勧告)」といった残念という烙印に使われています。

世の中って結局やったもん勝ち、すり抜けたもん勝ちな部分って多くありません?石橋を叩いて、間違ってないよね、おとがめ受けないよね、ときょろきょろしているうちに、出し抜かれる。

結局真面目が一番損をするんです。美味しいところをかっさらわれた残りカスを手にするしかなくなっている。そんな真面目生活、この先20年続けていきますか?

f:id:idea-for-life:20190322212250j

続きを読む

我々はマウンティングされまくっている。だからしんどい。

人間というのは、思ったより善良な生き物ではありません。ためしに心温まる場面と、落胆する場面、どちらが多かったか思い出してみてください。落胆する場面の方が、圧倒的に多かったと思います。

常識的であれ、礼儀正しくあれ、と教わっているので、我々は表立って人を貶めることはしません。けれども、無意識に、裏で、こっそりと「私の方が、上よ!」と、マウンティングしているのです。それこそ老若男女問わず。

日常にこれでもか!とあふれるマウンティングとマウンティングの餌食となる人々。今、これを読んでいるあなたは、マウンティングの餌食となっている側で、心底疲れているんじゃないですか。もし、そのしんどさをどうにか出来るとしたらどうでしょう。

世界は解釈次第でどうとでもなります。マウンティングが跋扈する世の中、真の人間の姿に迫り、心の重りを幾ばくか軽くしてはみませんか。

f:id:idea-for-life:20200128131014p:plain:w400

続きを読む