不安を商売にすると儲かるという仕組み

不安を持たない人などいない。我々は日常的になしかしら不安を抱いているし、事故などに巻き込まれれば余計に不安が強くなる。そんなとき「不安」に寄り添ってくれる人がいればありがたい。

けどその一方で「不安」をネタにカモにされる人も後を絶たない。カモにされてから悩むのではなく、カモにされないために準備しておいた方がいいのは明白だ。どのような仕組みで自分たちは商売の種にされてるのか、一度蚊帳の外から見てみようではないか。

カモられる仕組み

どんな人がカモられるのか?

それは感情の安定していない女性。不安を抱える女性は、誰かに話を聞いて欲しがる。黙って耳を傾けてくれて、深く理解してくれて、味方してくれる相手を望んでいる。それがよく分かってる商売人は、女性の望むように振る舞う。

話を聞いてもらった女性は、商売人のおかげで、ペシャンコになった自尊心が回復し、「こんなにも自分のことを思ってくれる人がいる」という満足でいっぱいになる。とくに誰も話を聞いてくれない環境下であれば、なおさら。

こうして商売人を完全に信頼しきった女性は、心に余裕ができる。そこに商売人がささやく。「○○をすれば、あなたは幸せになれる」。あからさまにお金を要求したり、下働きを強いたりすればさすがに怪しまれるだろうが、○○が商売人の利益に結びつきそうもないことであれば、そのささやきが真実かのように思えてくる。

だからやってみる。しかしそれをやったから、といって、幸せになったりはしない。商売人に文句を言いに行く。すると真剣さが足りなかっただの、邪念が入っていただの、といって「やり方がまずかった」という結論にされる。一度は信頼した人からそう言われたら、それはそれでもっともらしく感じる。女性は反省し、その先も○○に取り組む。

しかし当然ながら上手くいかない。そこで本丸であるツボとか水晶といったラッキーアイテムの登場だ。すでに何をやっても上手くいかないのは、私のせいだ、という思い込みが出来上がっているので、ラッキーアイテムの効能を疑うことはない。

あとは商売人の提案に従い、ラッキーアイテムの購入が増えていく、という仕組みである。

どんなテクニックを使っているか?

では、改めてどのように話を進めていってるのか整理してみる。

  • 1stアプローチは、女性の不安を受け止め、肯定することで、自分を唯一無二の理解者というポジションに置く。
  • 2ndアプローチは、女性をあたかも応援するかのように、振る舞う。実際には、「あなたはもっと幸せになれる人」だとか、「他の人が間違ってるの。あなたは正しいわ」、とさも喜びそうな言葉を投げかける。
  • 3rdアプローチは、応援したいからこそ、どうしたらいいか教えてあげる、という態度を取る。「○○をすれば、あなたは幸せになれる」
  • 4thアプローチは、物事が上手くいかない理由を別のものにすり替える。「真剣さが足りなかった」
  • 5thアプローチで、ラッキーアイテムを売りつける。

このやりかたの肝は、過去の自分がいいと判断した人をよくない人物と考えたくない、つまり過去の自分を否定したくない、という性質を使っているところにある。

どんな人も自分に抗うのが一番難しい。

どうやれば被害を防げる?

もし、このような被害に遭いたくない、というのであれば、4thアプローチのところで、過去の自分を疑う勇気を持つことである。この商売人を素晴らしい人とおもったけれど、言ってることがどうも疑わしいので、もう一度最初から商売人の言葉を整理してみよう、と考え直してみる。

すると、あんなにも私のことを分かってくれてた!と思っていた言葉の数々が、実は単なるおべっかだったとか、マニュアル的返しだったとか、に気がつく。

仕組まれたものは、とってつけたような感じがするので、思い返してみると意外と、アレ?と思うところがある。弱っていたときは見逃してたけど、心が回復すれば、ちゃんと人を見る目も取り戻せる。

儲けようとしている人とそうでない人の見分け方

不安の最中に救いの手をさしのべてくれる人のすべてが、こちらを利用しようとしているわけではない。

援助するときは援助するけど、自分でなんとかできるまで回復したら、はいどーぞ、と自立を促す相手であれば、間違いはない。

そしてそのような人物は、やたらとこちらをハイにさせたりしない。むしろ不満が残るくらい、冷たくあしらわれることだってある。それはいつの日か自立をして欲しいと願っているからである。

あなたの中の、「自立できる可能性」をビシビシ鍛えるために、わざとそうする。

不安は商売につながるかもしれないが…

「不安」をなくしてくれる心地良さは確かに商売になる。なんならその人の財産を根こそぎとるところまでしゃぶり尽くすことだって出来る。でもその結果生み出されるのは、身も心もボロボロの人。

それが果たしていいことなのだろうか。

世の中にはあまりに心をターゲットとした依存商売が多い。コレを買ったら、次はコレ。本質を学ぶより、モノ(ラッキーアイテム)やコト(セミナー)を手にして、不安を払拭しようと広告している。

しかし「不安」を生んだのが自身の「心」であるならば、それを救えるのもまた自身の「心」。すなわち「心」を入れ替える、ことでしか「不安」は解消されない。その「心」を見つめるのは、内観などの静かな自身との対話。

そのやり方を学ぶぐらいが、お金を払う先としての最大の譲歩に思う。タダでは手に入らないが、延々手に入らぬものでもない、という線引きのしっかりしているものに一時お金を支払う。それなら過度な資金の流出は防げる。

朝、K氏の手広いビジネスの餌食になった人々を見て、「不安」に対する商売の魅力的なまでの怖さを再認識した。気を抜いていたら、あっという間に飲み込まれてしまう。

自衛の意味も込めて、過去に下した自分の判断を疑う勇気を持っていたいものだ。