心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

根掘り葉掘り聞く心理とそのかわし方

やたらと人のことを探りたがる人に閉口していませんか?
勤め先に始まって、学歴、子供の進学先、はたまた懐事情から住宅事情まで、とにかくいろいろ聞いてくる。
ほんとうに迷惑です。

だからって彼らから逃げ回っても、限度があります。
だったら一度彼らの心理に真正面から向き合って、きちんと対峙してみませんか?

おつきあいに欠かせないもの→情報

彼らがなぜそこまで執拗にあなたの情報を欲しがるか、考えたことありますか?
彼らは無意識に相手を探らざるを得ないなにかに突き動かされて、訊いてくるんです。

そのなにかは単なる興味?それとも、相手を知るため?

いいえ、そうではありません。
「不安だから」です。
自分の立ち位置を掴めないから不安なのです。
ちゃんと掴むことで、強大な相手ならへりくだってなんとかマシなポジションを確保し、逆にへなちょこな相手ならふんぞり返って偉そばろう、としている。

相手を間違えないためには、情報が必要です。ですから、おつきあいをするにあたって、まずはそこを押さえようとしてきます。

彼らの価値観を見極めて適切な処理をする

こういう人は地位や名誉で人を判断します。それこそが人の真価だと思っています。

だからへりくだらなければいけないときは、屈辱に感じます。本音ではいつも偉そばっていたいんです。それが自信に満ち触れた自分だと信じこんでいる。

すてきな自分に酔うためには、下になってくれる人を捕まえなくてはなりません。かくして、こちらが質問をのらーりくらーりかわしても、手を緩めることはありません。

それならいっそ、すてきな自分を確保してもらいましょう。そうすれば、彼らの中では納得がいくんですから。

「旦那さんって、どこの大学出身?」→「○○さんの旦那さんほどじゃないですよ。うちのはそこらへんの学校を卒業していますから」
「お勤め先は?」→「○○さんは立派な勤め先にお勤めに見えますよ。いつもきれいな格好で、きりっとした表情でご出勤されてますもん」

これって質問にはまったく答えてないけれど、なぜか彼らは満足します。
すてきな自分に酔えるからね。

つまり質問には意図があって、その意図を満たすのであれば、クソまじめな(言葉汚くてスイマセン)回答は不要ってこと。

この方法っていろんなところに使えて、
「家賃っていくら?」→「○○さんほど立派な家に住んでるわけじゃないので、言うのがお恥ずかしい位です」
「彼氏っているの?」→「○○さんみたいにモテるわけじゃないので、ね…」

根掘り葉掘り聞く相手には、ひたすらヨイショを続けて、不毛な会話はさっさと終わらしましょう。
これが鬱陶しい質問をかわすコツです。

ガンバ!

カウンセリングで根掘り葉掘りかわし術の練習出来ます。右上バナーよりお申し込みください。