心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

人のことをどれだけ考えられるかゲーム

ここ最近、ちょっとしたゲームを始めました。
といっても、誰もゲームだとは思ってないだろうけど。

ゲームの趣旨は、会ったこともない人のことをどれだけ考えられるか、です。
そして、実際にやることは、

懸賞に応募する!です。

なんで、なんで?と思うでしょ?
でもこれ、けっこうな訓練になるんですよ。

懸賞の達人にみる必勝法

ネットサーフィンしていたら、懸賞で総額3000万円以上もらった人がいるって出てました。
さ、さんぜんまん?
私は今まで、数万円程度しか当たったことないですけど。

なんでしょう、この差。応募件数の多さでしょうか?
でも待てよ、なんど応募したって当たらない人は当たらない。

やはりコツというのはありそうです。
そこでご本人の弁を調べていくと、ありました。
名言「自分のはがきをダイヤモンドに!」

これって当選者を選ぶ人からみて、ダイヤモンドのような輝きに仕上げるって事です。
自己満足じゃなくて、当選者を選ぶ人からみての大満足を目指す。

なるほど~。選ぶ人からみて輝いてるはがきには、プレゼントをあげたくなっちゃいますものね。

このゲームのいいところ

何事も報酬があった方が、やる気がわきます。
その点、このゲームは懸賞が当たる!という超特大ラッキーアイテム付き。

海外旅行、グルメ券、現金、家電、自動車。目がくらまんばかりの豪華さです。
そしてもし当たらなかったとしても、他人の頭の中を考えるという訓練が積めますので、ダブルでお得。

やって損なところナシ!

まとめ

結局他人のことを考えられる人に、益はもたらされるのだと思います。
単なるお人好しではなく、相手のハートを打ち抜く凄みを持てる人物を目指す。そうすれば、相手からいいように使われることもありません。

馬鹿にされやすいと悩んでいる人にこそ、このゲームをやる価値があるのだと思います。

知らない人のことを考えるのはしんどいです。
頭から湯気でます。
それでもやっていれば慣れてくる。

その慣れこそ、懸賞の賞品よりもずっと私たちの暮らしを豊かにしてくれるのではないでしょうか。