心の流れBlog

心の守り方を考える

ACになったのは親のせいだけど、だからって恨めっていってるんじゃない

このブログを書き始めた頃、自分の中で親への恨みが湧いては消え、湧いては消えしていた。
文の中に恨み辛みを込め、呪詛か怨念の如く愚痴を吐き出していた。

その頃にお読みいただいてた読者には、たいそう見苦しい文をお見せして、申し訳ない。
ただアダルトチルドレンの回復に着手した当初は、何をすればいいのか皆目見当が付かず、思いのままを綴るしかなかった。

毒は吐けば、消えて無くなる。当時はそう信じていた。
ところが書いても書いても恨みは終わらない。

どうもこのやり方は、効果がなかったらしい。
もし私と同じくアダルトチルドレンの苦しみの最中にあって、どうやったら回復するのか迷っている人がいれば、お目通しいただきたい。

一度は吐き出そう

嫌なことがあれば、人は誰かにそのことを話そうとする。話すことで溜まった毒を吐き出そうとしているのだ。
それ自体は自浄作用なので、一度はやる方がいいと思う。ただし吐き出すのは人にではなく、無生物に。

ブログでもいいし、ノートでもいい。強制的に聞かされる人を作らないという条件ならば、何に出しても構わない。

吐き出して、まずは頭の中をスッキリさせて、落ち着く。
その上で次の手に出る。

毒は果たして正当なものなのか?

出したものを数日置いてから見返す。
自分が書いたという認識を一旦横に置いて、誰かの書いた文だと思って読むと、ひねくれ根性や歪んだ性格が透いて見える。

可哀想な生い立ちかもしれないけれど、そこまで相手を責めなくたって…、という気持ちも湧かなくはない。

毒に侵されてるときは見えなかった偏りが見えてくる。
客観的にみると、自分の中の被害者意識が見えてくる。

もう一度同じテーマで書き直す

そしたら、もう一度同じ内容を、今度はもう少し客観的に書いてみる。

恨みを主体とした文体ではなく、淡々と過去を見つめて、頑張って耐えた自分を労るように。
そうすると、被害者意識ではなく、治癒を意識した文に変わる。
親を恨むのではなく、自分の状況を見つめ返せる。

恨みは何も生まない、振り返りは未来を生む

ー恨みたいー
それも人間らしくていいじゃないか、って思う。
「人を恨みなんてしません。そんなことやって意味あるんですか?」って感情にフタをするのは感心しない。

フタをしたって、あるものはあるのだから。

むしろ恨みをエネルギー源として、振り返りに使えばいい。

未だ自分がACとして居続けるのは、過去を今に引きずっているから。
今の場所を飛び出すには、なにか強いきっかけが必要。そのために「恨み」という熱いエネルギーの塊を使う。

相手は変えられない。だから違うことに矛先を向けよう

私は過去に親子対決をした。専門家に真ん中に挟んで思いの丈を述べた。結果、親から返ってきたのは言い訳の連続だった。
そのとき感じた徒労感は計り知れない。

どんなにすがっても脅しても相手は変わらない。ただ悲しくなるだけ。
だったら一度恨みを出した後は、自分をどう変えていくかに全力を注ごう。

最適な吐き出し先さえ見つけられれば、一人でも出来る。
もし、迷ったり助けが必要なときは、私も手を貸している。右上のバナー「心の流れ(女性用)」からお申し込みください。

恨みに人生を割いてはもったいない。もう一度あなたを作り直すのに大切な時間を使いましょう。