心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

美しいものを愛でて、楽して暮らすは、ダメ?

news.livedoor.com

「私はかっこよくて、安定した職業の公務員の人とお付き合いしたいと考えてるのですが、男性を職業で選ぶのはいけないことだと思いますか?」

という質問が掲示板に上がったようです。それをキャリコネニュースが取り上げたのが一番上のリンク記事。

ソースのGirlsChannelを覗いてみると、「いいんじゃない。」という意見もあって、総叩きってわけでもなさそう。現実問題、夫の職業の安定は暮らしに直結するからね、ってことみたいです。
確かに表面だけで考えると、パートナーの職業って大切だと思います。でも問題はそれじゃない気がするのです。

質問者の言いたいこと

質問者がパートナーに要求したことは次の二つ。
①見た目がかっこいいこと
②安定した職業であること

潔いといえば潔い。
本気でこれだけでいいなら、

  • 見た目が良くて職業も安定してるけどめちゃくちゃ気弱で女の人からプッシュしないと付き合いも始まらない人、
  • かっこいいけど不潔で独り言ばかりいう公務員、
  • 人の気持ちが分からず相手の心をズタズタに踏みにじるけど大企業勤務のイケメン、

もアリということになります。

世の中から、「この人ちょっと…」と避けられてるかっこいい見た目で職業の安定した人を選べば良いのですから、望めば叶う気もします。競合相手もいないでしょうから。

でもこう言えばきっと質問者は異を唱えるでしょう。他の要素が一般的なレベルで、他に条件が二つあると。
つまり質問者は平均以上をお望み、ということになります。

しかし質問者の知りたいのは、希望が平均以上かどうか? ではありません。
「美しいものを愛でて、楽して暮らしたい。苦労は絶対イヤ!」は押し通せる? を知りたいのです。

困難から逃げ通して、楽々人生で上がる是非を問うているのです。

そんな人には私から、「今すぐ人生辞めたら」とアドバイスします。
今辞めたら、今以上に苦労を背負うことがないので、悩むべくもなく楽々上がれますよ。(^_^;)

苦労なき者の手には何も残らない

人生に苦労はつきものです。
誠実に生きるならば、その苦労に一つ一つ真摯に向き合って対峙していく。それを積み重ねて人生の深みを増していく。
それが生きるということです。

ところが質問者は、そんな人生は送りたくない、とおっしゃる。
となれば、誰かに煩わしい事をやってもらわねばなりません。それを押しつけられるのは、未来手にする彼氏や夫でしょう。

一方的に押しつけられた男性は、どう思うでしょう。
かならずや、「ずるい」「非協力的だ」とストレスを溜めることでしょう。
そしてもっと協力体制を築ける相手に目を向けます(要は浮気スタート)。

そうなってしまったら、二人の中は壊れ、結局一人身へ逆戻り。せっかく頑張ったお相手探しも水の泡です。

「やっぱ、ダメでしょ」楽する人生を求めては。

私たちは皆「そんな楽々人生なんてないよ」と気づいています。
だから、ありもしない理想に全力で挑もうとしている質問者に違和感を覚え、「ちょっと待って!もう少し考えないと、後悔するよ」とアドバイスしたくてウズウズしている。

そのヤバい選択に対してアラートがバンバン鳴っているのをみすみす逃すわけにはイカン!というわけです。

楽して人生を上がろうとする人はすべからく不幸の道をたどります。
苦労や犠牲の支払いを100%避けることはできません。若いときは彼氏や夫に面倒事を押しつけられても、いつかはそういかなくなる。そのとき、年齢に即した度量を備えていなければ、まともに向き合うことすら出来ません。

今まで逃げ回ってきたのですから、何の術ももたない、だから何にも抗えない。結局の所、誰かの都合に振り回されて、全てを失ってしまうのです。

都合よく逃げ切りの人生は存在しません。未来の苦労を超えるために、私たちは今この瞬間苦労と喜びを両方背負った人生を歩まなければならないのです。