読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の流れBlog

心の守り方を真剣に考える

アラフォー未婚の独身女性へ。オトコを見る目、磨けてますか?

ライターの大宮冬洋さんが書いた恋愛・結婚記事、毎回楽しんで読んでいました。
これだけたくさんの女性の恋愛模様を目にすると、結婚できない理由がそれなりに分かります。

結婚に悩む皆さん。ただ闇雲に走るのではなく、立ち止まって婚活にドボンしない予防策を張ってはいかがでしょう? 
恋愛とは関係ないところが意外と肝だったりしますよ。

結婚を望むアラフォー女性は既婚とさほど変わらぬ恋愛経験をしてる!

大宮さんの目にとまるくらいですから、みなさん素敵な女性なのでしょう。どの方も恋愛経験豊富です。それなりに誘われたり、同棲経験があったり、婚約直前までいったり、と20~30代前半まで充実した時間を過ごしてきています。

しかし35歳超えると、パタッとお誘いが減り、恋愛から遠のいています。きっとそれは、若さで男性を惹き付けてた魔力が薄まったからです。

それでも35過ぎて結婚してる人はしてるし、してない人はかすりもしてない。この違いはどこから生じるのでしょう?

成婚にたどり着かなかった理由

そもそも結婚が実現しなかったのは、「相手が死亡した」などの予期せぬ出来事以外、女性にも責任があります。

女性の大半は「頼りがいのある、しっかりと仕事をしている、優しい人」が好きです。加えて自身がアラフォーなら「若々しい見た目」が加わる。
女性はこぎれいにしている人が多いので、見た目も足すのでしょう。

でも大宮さんの記事では、この4拍子揃った男性が相手でも成婚しない。これはどういうことでしょうか?

それは、相手に幻滅したから。
男性が自分勝手に振る舞ったり、暴力的な態度をとったりしたことをきっかけに一気に熱が冷めた。
力の弱い女性は危なそうな男性を避ける傾向にあります。それゆえ、一度でも不安に思うことがあれば別れてしまうのです。

もちろんその選択自身は懸命です。

ただそこまでに長い年月を費やしたのはもったいなくないか?と思うのです。
付き合う前に気づく方法はなかったのでしょうか?

オトコを見る目を磨け!

よく付き合った理由が「強引に誘われた」とか「ぐいぐい来られた」からというのを耳にしますが、これキケンです。
彼らは偶然獲物がいたから狙いを定めて落としにかかったのであって、あなたに人として・異性として魅了されたからではありません。
でもオトコを見る目のない女性は、「自分は求められた」ことに心酔します。彼が強気に攻めてくるほど、「彼だけには私の本当の価値がわかる」という自惚れを強くします。

獲物として女性を見る男性と、「求められる」ことに心酔する女。
この組み合わせじゃ、長持ちしません。互いに自分勝手ですから。
しばらくつきあった後、獲物に飽きた男性は次の獲物をしとめにいくか、自分好みに支配できない女性に暴力を振るうかします。で、その恋終わる。

ですから、最初からこの男性は私をどう見ているのか、を見抜けばいいのです。
男性の積極的な姿勢は、元々心の器が大きく誰に対してもwelcomeだからなのか、獲物ゲットのために突進してきてるからなのかを見分ける。
それが出来てはじめて「頼りになる男性」を探し当てられるのです。

見る目を持つ女性とそうでない女性の違い

結婚に焦って暗黒に突入する人がいる一方、楽々と結婚して暮らしている人もいます。その違いは、容姿や家柄ではありません。
「人を大切にする力」です。

お父さんがお父さんとしての「心の役割」をし、お母さんもお母さんの「心の役割」をしている家庭に育った子どもは、心安らかに暮らすことが出来ます。心安らかに育った子は、自分を大切にする術を手にするだけでなく、周りのことも大切にしようとします。
これを何百回何千回と繰り返していくと、ただ人を大切にするだけでなく、他人を粗末にする人を見分けられるようになります。

相手が表面的にいくら優しくしてくれても”魂胆があるな” と見抜けるようになる。なので、最初から自分勝手で狡猾な相手には近寄らない。
つきあう相手とそうでない相手を培った勘で振り分けられるため、若いうちから優れた人に囲まれやすいのです。そしてその中から気の合う異性と付き合えば、しかるべき時を経て結婚する。だから、楽々結婚という運びとなるのです。

恋愛で躓いたら自分の育ってきた環境を点検しよう

つまり、生まれ育った環境によって、結婚へのスムース感が違うということ。

この根幹に目を向けず、「出会いの数が少ない」とか「容姿がイマイチ」とか「派遣だから」といってると、益々婚期が遠のきます。

多くの独身女性のアラフォーは、「年収が私より多い人」「ハゲやデブはイヤ。若々しい見た目!!」「ときめかない相手はちょっと…」「頼りない人なんてイヤ」ととかくハードルを上げがち。そのハードルは、なんでそんなに上げなきゃならんのですか?

周りから夫の批判を浴びるのがイヤだから?ここまで待ったのだから理想の相手と結婚したい?←たぶん、それ「思わされてる」だけです。
世間がそうだから、無意識に自分もそれに合わせてしまってる。
本当は、「笑いのツボが一緒の人と、ゲラゲラ笑って暮らしたい」とか「いつも互いに労りの言葉を掛けて穏やかに暮らしたい」とか今より心に彩りを添えられる暮らしが出来る人を求めてるんじゃありませんか?

お母さんがお父さんの悪口「稼ぎが悪い」「ハゲてかっこわるい」「ほんと肝心なところで逃げるんだからっ」を言ってるのを聞いて、幼心に”これは避けなきゃならないことなんだな” と思ったことがまんま相手の条件になってる可能性があります。

どれだけ経済的に自立していようとも、心理的に自立できていない人は自分の要望ではなく他人の要望を叶えようとします。その他人は世間一般かも知れないし、親かもしれないし、友達かもしれない。自分の外の人が「うん、大丈夫」とお墨付きをくれる相手を無意識に探してしまっている。そうやって、外に外に正解を求める人は、目の前の男性を、自分の目で見抜く力が育ちません。

他人の要望に沿った(パーフェクトな)相手を捕まえることは至難の業です。それよりも自分の要望をはっきりさせましょう。そのために育ってきた環境を点検してみませんか。そこにあなたが結婚できない理由があります。