読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の流れBlog

心の守り方を真剣に考える

DV気質は簡単に見抜けない? 一瞬垣間見たある違和感

先日、あるトラブルで企業の方に善処していただきました。笑顔の素敵なSさんは、出来る事を精一杯やろうとする誠実な人です。そのトラブルの後日対処の件でお邪魔したとき、ちょっとしたことがあり、そのせいで心がざわざわしたのです。
そのこととは…

外と内で見せる顔が違う?!

店舗でちょっとしたことが起きて、私と立ち話をしていたSさんがその場を離れた時のこと。5mほど向こうのSさんの顔がさっきと違って、「うーん、もう。こやればいいんだよ(怒)。分かってないなぁ~」みたいに読み取れたのです。顔が険しくなるのは仕方ないとしても、なんというか「どうしていいか分からないスタッフに、『ダメじゃないか』的な圧力」がすごかったのです。

社員は内、私は客だから外。その違いがこのような態度を差を生んだのでしょうか?
私はさっきまでと違うそぶりをみせたSさんに”この人二重人格?”と思ってしまったのでした。

妄想は広がる

ちなみにSさんは横の繋がりに強く、今回のトラブルに数年前に対処して下さったTさんのことも知っていたようです。きっと今度の研修会などで、後日談を共有するんでしょう。

きっとSさんの評判は、自分と同じ、か、それ以上の人にはすこぶるよく、身内で自分より下の見なした人にはめちゃくちゃ悪いと思います。私と仲の良かったスタッフさんが辞めたのもそのせい?

仮に上下関係によってSさんの態度がそこまで違うとしたら、既婚者である彼のホントの身内である妻にはどうなのか?気に掛かります。
暴力など振るってなければ良いのですが。

DVは簡単に見抜けないかもしれない

普段、他者にここまでの気持ち悪さを感じることはないので、今回のことは余程だったんでしょう。
しかし真実は闇の中です。私が見誤っただけかもしれない。
事実、Sさんは今までお会いしたどの方よりも真剣にトラブルに向き合ってくれています。

もし、今回のことを目撃しなければ、Sさんは私の中で完璧な人です。笑い方も、人への向き合い方も、人間らしく悩むところもすべて、好感の持てる相手。
DV被害者がDVを見抜けなかったと言ってるのは、なんか分かる気がします。
針の穴に糸を通すぐらい目を凝らさないと、違和感に気づけない。

私はそこそこ人生経験を積んだから分かるのであって、20歳やそこらじゃそんなの見逃してしまいます。

DVで多くの人が命の危険に晒されています。自分の人生が人によって奪われるなどという理不尽がこれ以上まかりとおらぬように、市役所でもどこでもいい、助けを求めてください。あなたの命ほと大切なものはこの世にはないんです。