読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の流れBlog

心の守り方を真剣に考える

そこまでガツガツしたくない!という婚活の女性の勘違い

まだ30歳だから、彼氏がいなくても結婚のあてがなくても、ガチの相手探しはしたくない。
そう思っている人、結構いるみたいです。

おきまりの台詞は「いい人がいない」「出会いがない」。

そういう女性に限って、意中の相手と恋仲になるほど発展した経験はないのです。ただ相手が自分に惚れないかなと待ってるだけ。
それで婚活はゴールを迎える日がやってくるのでしょうか。

welcomeの姿勢は男あさりとは別物

そもそも相手に好印象を持たれるためには、こちらから印象を良くする何かを与えなければなりません。
それは、軽やかな挨拶だったり、ちょっとした気配りだったり。そうやってwelcomeの姿勢を示すから、相手は”この人なら安心して話せそう。” と近づいてくるのではないでしょうか?
それを、媚を売ってる、男をあさってる、と捉えるのは大きな間違い。

婚活が上手くいかないのは、出会いの数の問題ではなく、人を受け入れるための風呂敷を広げる覚悟があるかどうかの問題です。
与え上手な人は、より多くのお返しを得ることが出来る。
お返しの中には、直接の好意もあれば、出会いのチャンスを作ってくれる好意もあります。

そうやって人の縁を紡いでいった先に、ピッタリの相手に出会うチャンスが巡ってくるのだと思います。

結婚するための戦略を練る

運良く友人主催の合コンで好みの人と出会った、会社の取引先に素敵な人を見つけたということがあったとしても、welcomeの姿勢を身につけてないことが災いして、なにも起こらず片想いで終わることでしょう。反対に勇気を出して前進したとしても、勢いづいて突進してしまい、お相手に引かれるでしょう。どちらにしても相手を懐に迎え入れる度量なくして、関係を発展させることはできない。

「自分は結婚を成就するために、どんな戦略でいくのか?」
それを意識せずに、「ありのまま」の私でいこうとすれば、間違いなく以前の延長です。むしろ若さが失われてる分、カップルになれる確率減。そのハンディキャップを埋めるのが、相手を受け入れる度量の深さ。

容姿や経済力といったものも必要ですが、なによりも安心、安心を与えられる人であるかどうか、が一番の魅力ではないでしょうか。
その安心をどうやったら与えられる人になれるか、を徹底的に研究することで、welcomeの姿勢と男あさりの違いは明確になります。

感じのいい人というのは、皆これをやっています。もちろんガツガツしている印象はない。身近な感じのいい人を真似てみることから始めた方が、案外早くゴールにたどり着くのかも知れません。