心の流れBlog

心の守り方を考える

「アンタの彼氏ヤバイよ」はやっかみでもなんでもない

今まで恋愛とは無縁だった人が、あるとき彼氏ができて友人に引き合わせたら「アンタの彼氏ヤバイよ」と言われた。
彼氏無しや夫婦不仲の友達だから、やっかみでいったのね♪ と思っているとけっこうイタイ目みます。

恋愛の経験不足が招くあばたもえくぼ

若いときの恋愛は、勢い任せ、感情任せ。愛の正体を知らないうちから、恋のパワーに押されて付き合います。恋は導火線に火をつけるのには役立ちますが、炎を灯し続けることは出来ません。
だから、花火みたいに一瞬上がって、消える。

それでも若いんだもの、やり直しはいくらでもききます。

何回か瞬間的恋愛を経て、愛を育むことを学ぶとき、自分の欠点や相手の欠点を見つめなくてはならない勇気を試されます。愛は続くのですから、相手の嫌なところはきちんと直して欲しいと伝え、自分の悪いところは頑張って直していかねばなりません。それには当然限度があって、あまり要求しすぎたり、こちらへの要求が高かったりすると、別れることになります。

そうやって、自分にとってのいい具合の相手、を見つけていくのです。

その経験を踏まずにいい年まできちゃった人は、ソッコーで恋色に染まります。相手を見るのではなく、相手を都合よく脳内変換します。だから、どんなあばたもえくぼに見えます。

やっかみと勧告の見分け方

周りの人々は、彼氏を冷静に見つめます。自分たちの恋愛経験と重ね合わせて、”このパターンは、結局オンナが泣くな”と感じたら、脳内警報が鳴る。大事な友達を不幸にしたくない思いから、「アンタの彼氏ヤバイよ」と言うのです。
やっかみじゃなくて、警報が鳴ったから忠告したまで。

それを恋愛不足の人は都合良く、”私が羨ましいんだ”と変換する。

確かに人を不幸の底へ引きずり込もうという人は一定数います。自分が幸せではないのに、相手だけ幸せになるのが許せないのです。そういう人は常日頃、誰かをけなしてばかりいます。もし友達がそうではないタイプなら、忠告を一度は受け止める価値があります。

アラフォーが初恋愛して結婚まで行く可能性は極めて低い

遊びでつきあうことを割り切れるなら、忠告をやっかみととっても、未来負う傷は浅い。けど本気で結婚を考えているなら、周りの言葉を無碍にしてはなりません。極めて戦略的に、「恋愛の経験不足を周囲の経験と勘を投入して補う」くらい気づもりが必要です。

”とうとう私の運命の歯車が回り出して王子が現れた!” と真剣に思うのは、少女漫画の読み過ぎです。現実、アラフォーの今まで恋愛と無縁だったのだから、今までの延長で生きてる限り、無縁が続きます。

仮に突発的に何かが起きたとしても、まやかしに近いでしょう。
アラフォーが初恋愛をして無事幸せな結婚にたどり着く可能性は極めて低いという事実を受け止めましょう。周囲の忠告を聞くことで、悲惨な未来を回避出来ます。

アラフォーならではの賢さをもって、幸せを掴みましょ。