読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の流れBlog

心の守り方を真剣に考える

押しつけに負けるな!

私はついつい相手に恩を感じたり、尽くしたりしてしまう。
これは心の中に棲みついた親像が「育ててもらった恩義を感じろ」と無意識ながら私に命令しているが故。
ー自分はくだらない人間だ。だから人様の尽くして当然なのだー
と自分を貶めている。

その恩義に疑念を感じながらも払拭できないで今日までいる。

そこで自分を親に見立て、ぱれん(犬)を子として考えることにした。

私(親)が自分の意思でぱれんを飼うと決めたのに、ぱれんが私の面倒を見ないと私はぱれんを嫌いになるだろうか?と。
結論:どんなぱれんでも、ぱれんのことが大好き。ぱれんが生きててさえいればOK!

だったら私も親に対して、本来そーじゃないか?
恩義を感じるとか面倒を見るとか、そういう荷物を背負わなくてもいーんじゃないか?

世の中にはいろんな押しつけをしてくる人がいる。
「誘ってください」
「あなたがやらないからこーなるのよっ!」
「だって、○○がいったじゃん!」

己の弱さを隠して、私にばかり押しつけてくる。
そしてそーいぅ人になめられている私がいる。

やられたらやり返せ!!
その精神を培うためには、まず、自分は本来だれにも恩義を感じる必要はないと納得することだ。
全てはそこからのスタート。