心の流れBlog

心の守り方を考える

ざっぱーさんへ2014/11/06

メールどぅもです(^o^)。

まぁこの手の悩みはここかしこに、ごろごろと転がってますね~。

今回取り上げたのは「胸が張り裂けんばかりに」に、ちぃとばかり引っかかったゆえです。

胸が張り裂けるというのは、誰かがとても辛い思いをしていて、それをどうしてあげることもできぬ気持ちを表す日本語。
こんな些細な、それも当人は苦とさえ言っていない状態に、成人式を3回も迎えたであろう経験の持ち主が、表現として持ち出してくることがオカシイ。

なんというか、「これくらいオーバーな表現をしておけば同情されるだろ」という意図が見え隠れしていたので、あえて取り上げました。

最近、心のいやらしさみたいなものについつい食いついてしまいます。
もっと素直に生きればいいのに、他者に自分(の不満や至らなさ)を転嫁することないのに、と思うのです。

ー老人の入れ歯の隙間に入ったゴミのようなー
そんなもん掃除しちゃいなよ的存在は、誰の精神衛生上にもよくないので、さっさと片付けた方が、賢明な生き方かなーと感じます。

関連記事
はぁ?何いってんのこの親、と思うこと