心の流れBlog

心の守り方を考える

マツコDXさんをみて、共感できること

今やひっぱりだこまるけのマツコDXさん。
月曜から夜ふかしのマツコさんについつい「あーそうそう」とあいづちを打ってしまいました。

人は自分の思っていることを他人が的確に表してくれると、よっしゃ~と膝を打ちたくなる。

マツコさんはそれが上手。

人にモテる人と人から疎まれる人の違いは、相手の心を突く言葉をどれだけ言えるか。

昨日相手に依頼されたことを、超超苦労してやり遂げたのに、相手が知らんぷりをしてきてキレた。「てめぇが頼んだんじゃねぇかよ(怒)」って。
挙げ句「苦労したね~」とか言ってきやがったので、益々キレた。

この場合、「苦労をかけたね」が正解。
自分の依頼で他人が苦労させられたのに(それも苦労するのは明かだった)、その問題と無関係の人が「大変だね」って同情するかの如く振る舞うって何様?

他人の心を分かって物を言える人と、自分が思うから物を言う人は、受け入れられ方が全然違う。
少なくとも私は、思うことを言ってくる相手は不愉快なので冷たくします。

人の心を考えない人とのつきあいはそんなに興味ないんで。