心の流れBlog

心の守り方を考える

結婚と同棲の違いって何だろ?

私は法律上結婚していることになっている。
なぜなら婚姻届という書類を役所に提出したから。

でも、それだけである。

プロポーズされた訳でも、誰かに祝福されたわけでもない。


これは女性に特有の考え方だと思うが、コミュニティーの中で和を大切にしながら生きていた性の側の人間からすれば、誰に認められるわけでもない状態をけして「結婚」とは言わない。それは同棲。

さらに「結婚する」という意思確認(プロポーズ)がないなら、なおさら、世界中のだれも結婚したと思っていない状態なのだから、同棲だ。

結婚だって、同棲だって、二人が共に暮らし、生活を支え合うことに何ら変わりはない。
でも一方は社会性を帯び、一方はプライベートの問題として片付けられる。
だからこそ、結婚はプロポーズやお披露目などという一定の手順を踏んで、その体を実現することになるのだ。

そこいらへんが、私の相手にはイマイチ理解されず、「書類出したからOKでしょ?」みたいなノリで終わってる。
なんだか、釈然としない。

やっぱ今でも同棲していると感じるなぁ~。
だからこそ、「結婚してくださいと言われない」と悩む女性に強く共感する。

そうだよね~、オトコはいつも決断を嫌う。
そんなに決断が面倒くさいなら、振ってくれ。
その方がスッキリするよ。

「婚姻届を受理する」という社会制度も大切だけど、なによりも当人の意識が結婚したと感じることが最重要。
そこ、ほったらかして、住民票を書くが如く婚姻届を書いて出したから、いいじゃんーんと思うのは、男性だけ。
女性は、そうとは理解しませんぜぇ。