心の流れBlog

心の守り方を考える

「重い女」とはどのような女性なのだろうか?

男性がウンザリする「重い女」9パターン
を読んで思ったこと。

 重い女とはすなわち母を求める子そのものである。


お母ちゃんに私を一番に優先して欲しい、大好きっていって欲しい、いつも気に掛けて欲しい、私の心の内を分かって欲しい、いつも向き合っていて欲しい、時間が許す限り自分にかまって欲しい、お母ちゃんがいないと私死んじゃう、見捨てられると不安だ、お母ちゃんを完全に独り占めしたい。

9パターンは全て、母に向けたメッセージ。
男性はおつきあいをしているのであって、保護者ではない。そりゃ重すぎます。母親の役割なんて求められたら。

その人にはその人に適した立場というものがある。
彼氏とお母ちゃんは一緒ではないし、3歳の子供ばりの要求を赤の他人が叶えてやるのもない。
彼氏はまず一人の人間であって、固有の社会とのつながりがあって、やるべきことを抱える人。

結局の所、人間は段階を経て成長していくのであって、十分な幼少期なくして大人になることはできない。
「重い女」と呼ばれる人は、その重さの根源を自分の内から探し出して、対処することを勧める。