心の流れBlog

心の守り方を考える

40歳過ぎて恋愛・結婚?

私が20代前半の頃、世間を知らなかったので30代の人はみーんな結婚して子供がいると思い込んでいた。
会社の30代~50代の、それこそ性格も平均的な男性が未婚なのを知って、心底驚いたことが数多くある。

そして、、、十数年後の今、30代で独身はさして珍しいことでもなく、40代でもごろごろ独身者がいる時代になった。

マイノリティーが若干の勢力を持ってマジョリティーに入り込みつつある。

それでも尚、私自身の感覚では、「40歳過ぎて結婚を目指しているというのが、人生の旬を逃している」感じが否めない。
再婚ならともかく、40代で恋愛したい・結婚したいという話には、違和感を感じる。

人は年齢に応じた成長をしていく。
幼児期は周りの世界を理解し、年少期は周りと仲良くし、青年期は自分と相手の意見の調節し、(略) そして中年期は人を育てる。
40歳という中年期は、自分の成長に加え、人の成長を促す時期である。
だから中年が未だ青年期~の位置に立ち止まっているのを見ると、はれっ?と感じてしまうのだ。

では、なぜそのような年齢になるまで独身でいたかと言えば、求められることがなかったか、求められても拒否したかのどちらかということになる。
こちらのニーズと相手のニーズのミスマッチが起こったということ。
今では立派な中年になったのだから、自分を冷静に振り返り、あたかも青年期の自分と青年期の相手がうまくいくように取りはからう仲人のような目線で、自分と相手、そして相手と自分の作り出す場を俯瞰してみると、自らが独身である理由が見えてくるのではないだろうか。

そこまで論理的に独身であることを分析出来る者に対しては、世間は風当たりを強くすることはない。いい年をした大人が青年期なさがらの価値観で、自分の理想を追い求めるから、世間にボコられる。
年齢で自己卑下する必要はないが、年相応の賢さは必要だ。

20歳の若者が3歳の知能しか有していなければ、違和感を感じるのと同様、中年が青年のような主張するのも違和感がある。
恋愛は何歳になっても、我が身に活気を与えてくれるすばらしい出来事だが、その恋愛の質が「私が満足するから」ではなく、「相手が満足することによって、私が満足できるから」にシフトしていくことが年相応の恋だと言えよう。

それだけに、いい年をして必要以上に条件にこだわり、自らの幸せを追いかけようと必死になっているのを見ると、幼稚に見えてしかたがない。