心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

喩え話が全く通じない

会話の仕方をキャッチボールに喩えるのは、よく使われる比喩である。
アスペルガー(風)の人に対して、同じ比喩を使うと、「なぜ、ボールの話がでるの?」と不思議がられる。

私にはおなじみの光景。

そうなんだよ、私は当たり前に通じると思える喩えが、相手にとっては意味不明な説明。

かといって、事実を説明してもわかってはもらえない。

えっと、会話成り立たないんですケド・・・とか常日頃思っちゃう。
相手が分からないということは、やっと分かってきたのだが、どうやったら通じるかについては未だ不明。