心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

結婚の難しさがますます増してる

私たちが小学生のころ、結婚というのは20代でするものだと思っていた。
で、自分たちが20代のころ、結婚は先の先のことだと思っていた。
30代になって、あらまぁ結構周りも独身者が多いなと思って、安堵してた。

けれど、いざ30代で結婚相手を見つけようとすると、いろいろとお相手から注文がつく。

・若くないからねぇ~
・家事してくんなきゃねぇ~
・共稼ぎじゃないとねぇ~

およよ?なんだか結婚難しそーだ。

そして40代に突入。
さらに結婚の難しさは増す。

現代は女性が社会進出しているので、稼ぐということに対してのハードルは低い。
だから結婚というのが女性が生活する手段ではなくなった。
けれど、やはり若い人は恋愛や結婚に向いている一方、年を重ねた人はこだわりが増え相手に合わせることが難しくなる。
そして、自分に合う相手の頭数は年齢を重ねるごとに減少していく。
つまり、結婚が遅くなればなるほど、成婚への道は細くなる。

結婚をするのに最適な年齢というのは、ある程度あるのだと思う。

私は古い人間かもしれないが、年齢を重ねた人が「婚活がんばります」と言っていると違和感を覚える。
せめて黙って婚活するくらいの思慮深さは必要な年頃でしょう。

誰かが言っていた、「正月飾りは年末には需要があるけど、年を越したら誰も欲しがらない。やっぱり時期ってあるんですよ。人間も同じ。」というのが、妙に頭に残っている。
確かにと思うところもある。
でも、それだけを強固に信じると排他的になる。
どこを終着点に考えればいいんだろうなぁ~。