心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

メールの返事がこないだけで凹む自分

メールを出しても返事が来ないということを、ぼぉーっと考えてた。
考えられる理由は2つ
・面倒ぃな~と思っている
・忙しくて忘れてる

まぁ、どっちにしても私はそんなに重要視されてないよーです。

ただ自分もまたスルーしちゃうメール、返信の遅れが生じるメールがあるのも事実。
特に、相手が幸せ満開、自分が不幸せ絶頂なんかのときは。
相手の笑顔がまぶしくて、会えないんだよなぁ。
そのうち、相手の方が諦めて疎遠になっちゃうことも。
私も後で悔やむけど、どうも幸せオーラの人には近寄りがたい。

でも見方を変えれば、私も幸せな部類に入るんだろう。
介護の必要も無いし、健康だし、住む家はあるし。
ないものに目を向ければ、自分は世界最強の不幸な人にもなり、またあるものに目を向ければ、超幸せな人にもなる。
人生は確定的に、幸・不幸が決まってるわけじゃなさそーです。

それにしてもメール1本でこうも気持ちが乱高下するというのは、いかがなもんざんしょ?
相手が私の方を向いてくれないと、私は [THE不幸] となるなら、ずいぶんと足元不確かじゃござんせんか。
相手は相手の都合があって、ついでに面倒臭いというという心理もあって、だからメリットがない限りこっち向いてはくれんのだよ。おとみさん。

心をオープンにすると、心をだだ開きにするというのは似て非なるもの。
相手を受け入れるためのオープンと違って、だだ開きは意識の緩みによる弱点の露出に他ならない。
しっかりと自分を掴み、人生を歩んでいくために、心の状態から変えていかんとなぁ。