心の流れBlog

心の守り方を考える

気持ちよく協力するは、尽くすと違う

おそらく私は気の利くタイプに所属する。
相手に対して、あれやこれや気を使い世話を焼く。黙っていても、よく動く。

けれどそれが私の真の姿かといえば、おそらく違う。
人の役に立たないと自分は無価値だという恐怖感から、尽くす行動にでる。
周りは意識しないまま、私の尽くすという性質を上手く利用する。
だって、なんにも言わなくてもしてくれるなら、それが一番楽だもん。

その結果、私はまったく尊重されないまま、尽くしまくるという最悪のループが出来、最後に力尽きて崩落する。

どんな人間関係でも私は私の手で首を絞めている。

こんなふうにいつも自分に無理を強いているから、長期にわたって良好な関係を築くというのが苦手だ。
このループから抜けるには、私に負担ではないちょうどよい程度に相手に協力するという感覚を自分の中に育てること。
「無理をしない」「好かれようとしない」「なにもしなくても自分の価値は十分にある」といったことを丁寧に自分に言い聞かせること。

だいたい相手のご機嫌を取ろうとしている自分がいて、「そんな自分やだなー」ってどっかで思ってる。
素直に人に心を向けられてないんだな。