心の流れBlog

心の守り方を考える

「いいね!」を集める人々

Facebookで「いいね!」をもらうために、せっせこ生活を充実させる。
周りから自分を素敵な奥さんねと評されるために、愛想を振りまき積極的な人付き合い&デキる妻アピール。

目の前にいる人、普段接している人を差し置いて、とにもかくにもいろんな人からチヤホヤされたい…承認欲求におぼれた餓鬼の酷いもがきよう。

その昔美人のAちゃんは、学校で不特定多数の男子から想いを寄せられるために、特定の誰とも付き合わなかった。「だって、たくさんの人にモテる方が楽しいでしょう?」と。


身近な人と深い関係が結べないから不満(寂しさ)に陥って、代わりに外の世界からたくさんの承認を得ることで、空いた穴をふさいでいる。

けれども、埋めても埋めても穴はすぐ空く。
また次…次…と承認を求め続け、気付いた時には依存ゾンビに。

自分を承認してくれるのは他者です。
そして他者は気分次第で興味がころころ変わる。
たとえ今日貴方のしたことを絶賛してくれても、明日貴方の行為を貶すかもしれない。
大切なのは、ころころ変わる中にあって尚、相手との信頼をつなぎ続けること。
そのために「対話」がある。

苦しくとも険しい山を越えなければ、先の景色は現れない。
いつまでも裾野で栗拾いしていては、来年の今も知っていることは裾野に栗があることだけ。
苦しみあがきのなかで見つけた信頼と、簡便簡単な「いいね!」承認、どちらが自分の心の支えとなりましょうか?

人付き合いの本質は見極めんとなりませぬぞ。