心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

女性が避けたがる2大要因

”この男性と2回目のデートはしない”と判断した女性の言い分を聞いてみると、男性側に2つの要因があることに気がついた。

その要因とは
1.女性を脅かす存在であること
2.女性を尊重しないこと
である。

 1.は見た目が不潔・ダサい、おどおどしている、判断力がない、すぐ逃げるといった男性のことだ。

見た目の問題は、輪の中で生きる女性にとって死活問題。自分が連れている男性の見た目に問題があると、他の女性からその男性と同類と見なされ自分の立ち位置が下がる。それを危惧して最初の段階でそのような男性は避ける。
おどおどしてる~は、子供を安心して育てるにふさわしくない父親と行動すると、子育てがたち行かなくなることを(ぼんやりと)懸念して、避ける。

賢い女性は自分の身に降りかかるであろう諸問題を本能的に見越して、事前に危うきに近寄らないよう防御している。

2.はオレ様主義、ナルシスト、男尊女卑概念を持った男性のこと。
今は性別関係なく個人が尊重される風潮だから、明らかに女性の心が粗末に扱われそうなら、本能的にそれを避けて我が心を守る。

つまり好意を抱く・抱かない以前に、2大要因をクリアしていない男性ならばどんなに条件がよかろうとも、女性は先に進めない。
それは女性共通に言えることはないかと思う。

経済的自立の可能になった昨今、身の危険を感じてまで結婚したいという危篤な人は滅多にいない。
やはり女性が求める最低限の安心感を与えられる男性でなければ、恋愛は難しいのだと思う。