心の流れBlog

心の守り方を考える

理想ばかりボヤいていると周囲の目は冷たくなる

「結婚したいけどいい相手が見つからない」
「資格を取りたいけど勉強がはかどらない」
「痩せたいけどダイエットが続かない」

人は数々の理想を口に出す。
しかし絵に描いた餅に周囲の目は冷ややかだ。
というのも人は口だけ約束に懐疑的だから。
何か実行や効果を伴うと応援したくなるが、その一方で願い事ばかり叩く減らず口にはこれでもかというぐらいの制裁を加えたくなる。

きっと全ての人が”努力を伴わない結果なんて存在しない”と知っているからだ。

仮に幸運なことに努力ゼロで結果が出たならば、妬みの格好の対象となるだろう。

人の頭の中には説得力のあるストーリ(努力→結果)というのが既に存在している。
そのストーリに沿っていれば、全ては納得がいく。
もし沿っていなければ…大量の違和感と嫉妬がわき上がる。

うーん、ここまで考えると人って頭固っ!!って思う。
やっぱり努力しないと無理ですかねぇ。
私個人は幸運にも努力せずに結果を獲得する人も数万分の一でいるのだから、それはそれでラッキーを心の底に仕舞っていればいいんじゃないかと思うのです。
むしろ理想が実現しないことをボヤくのを辞めていただきたい。
実現しないのは当然っちゅやー当然なんっすから。
ボヤく暇あったら、なんでもいいからやってみな と思う。

考えてみれば実行力のない人ほど、ボヤく。
頭の中で理想と現実を行ったり来たり、そして悲観的に考える。
つぅーか、やってみたらまた別の視点生まれるじゃんよぉってーのがない。
シミュレーションはもぅいいっすから、実行して地に足の付いた意見言ってくだしゃんせ。

私の母親が「離婚したい、けど生活が立ちゆかない」と数千回言っていた。
子供の私は「じゃ、離婚すれば」なのであるが、母は市の法律相談にさえ出向かない。
心の中で「コイツ、アホちゃうか?」と思うと同時に「ウザってねぇなぁ~」と憤っていた。
自分の心の中で悩むのは自由ですが、その悩みに他人を巻き込まないでいただきたい。

ちなみに悩むだけで実行しない人ほど能力が低い。
問題を抽出し、思考し、解決方法を絞り出し、実行する人は能力が高い。

ぐちぐち言っている人は、ぐちぐち言ったまま人生が終わる。
その生き方こそがオワコン(終わったコンテンツ)そのものだと思いますがねぇ~。