心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

自分の長所を書き出すのは困難

自分を知るために、自分の長所を10個書き出しましょう!
という自己啓発本を見たことがある。

額に汗してうーんと唸りながら1個、2個・・・無理やり10個。
本によるとそれで自分の見え方が変わるそうなのだが、まったくもって変わらん。
やっぱり自信なさ子。

と感じる人いません?

もしそんな簡単に自分を見直せるんだったら、自己啓発の本は続々発売せんでもえーですやん。

一冊あれば十分ですもん。
でも、人は次から次へと自信のなさを解消するために、新しい本を手に取る。
それはどれも効果を感じられないからです。

病気になった時と同じ。
人は完治するまで、病院をはしごする。
ネットで同じ症状の人を調べる。
人は自分が納得するまで、なにかしらのあがきをするのです。

ということで、今のところ「これが完璧な自信回復方法」なーんていう本は存在しないのです。
自信は本程度じゃ手に入らない。
何度も【※何か】を繰り返し練習して、身体に染みこむまでやって、心もそれについていって、ということなくしては、自信は降りてこないんです。

まぁ考えてみれば、我々歩行一つとっても、ある日を境にすっくり立ってスタスタ歩く赤ちゃんなどいません。
ハイハイして、つかまり立ちして、よろけて、顔ぶつけて、でもまた立ち上がってということをしながら、歩けるようになる。
あの姿こそが、我々の変化なのです。

私もこのブログでぶーたれながら、あーでもない、こーでもない、今日は晴れた心、今日は雨の心と行ったり来たりしています。
それでいいんだと思います。
そのうちちょっとだけ前に進みます。
それが重なれば、1年前より成長するでしょ。

そんぐらいなんですよ、人生なんて。

※ 何か の正体は今のところKOMAには不明。たぶん自己認証戦略だと思うけど。