心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

自然に出会いたい

普段の暮らしの中で将来のパートナーと自然に出会いたい と30歳を超えた女性は思うらしい。しかし待てど暮らせどその兆候無しと諦め、結婚相談所の門を叩く。

私が学生の時は、パートナーと自然に出会うものだと思ってました。

でも30歳超えると、途端に丁度いい相手というのが見あたらなくなる。
これは、いったい何なのでしょう?
私が気付かぬうちに、周囲の男性の環境(未婚→既婚)が変わっていってるってことカナ?

でも30後半にして思うことは、自然にしていては自分はモテんということです。
平々凡々なこの容姿と自己否定気味な性格は、放っておいて素敵なパートナーを惹きつけるのに足るか?というとNOだと思うんです。
だって私が男でも、私のような女性に惹かれたりせんですもん。

自分で自分に惹かれんということは、所詮そのような人間なんです。

たぶん一緒にいるだけで、ほっとできたり、勇気づけられたりするパートナーって、年収とか与えられた容姿とか関係なくめっちゃ魅力的やと思います。
ずぅーっと一緒にいたいと思います。
でも私は未熟やったから、そんな雰囲気を作れんかったんです。

これは私だけでなく全ての未婚女性に言えることやないかなと思います。
求められよう、認められようとして、自分の愚かさを振り返らんかった。
自分の外に基準を設けて、外からどない思われるんかって気にしているうちは、周りのせいにしがちです。
「たまたま出会いがない」「縁がない」「いい人がいない」って。

でもホンマでしょうか?
今日会う人にちょっと相手が嬉しくなることば言えてますか?
そういう普段の積み重ねが、ジャストミート(古っ!)な人に出会ったときも振る舞いとして出るからこそ、チャンスをものにできるんです。
日々の生活の上に、パートナーとの出会いがあるもの。
だから、自然に出会えない、即ち、目の前の人を幸せに出来てない自分がいるってことです。
自分の愚かさを認め、どうやれば相手の心に届く言葉を紡ぎ出せるか考えてみてはいかがでしょ?