心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

友達になって下さい・・・ねぇ

掲示板に、「○○に住む△といいます。□□に興味があります。お友達になって下さい。」という文言を見つけるが、その願い何パーセントくらい達成できるのでしょうか?

~して♪というお願いは悪くないと思います。が、全ての人は自分のエゴのために生きています。だから~してに乗る必要を感じなければスルーです。

運良く一度顔を合わせる機会があったとしても、たぶん2回目はない。
なかなか人と人が長く繋がっていくというのは難しいんです。

でも「○○さんの□□に興味を持ちました。」「□□はここがいいですよね」という風に”友達が欲しい”を前面に出さず、まず相手のことを観察したよ、受け入れているよということを述べれば、会話も自然と入っていき易いように思います。

この2つのアプローチの違いは、相手を観ているか否か。
[前者]
自分のことを述べると、その信号は自分から相手への一方通行です。相手がNoと言えば、それでおしまい。
[後者]
相手のことを自分に絡めて述べると、その信号は相手から自分を経由して相手に届くので、往復経路です。相手を経由している分、Noと言われる可能性が低く、会話が続きやすい。

相手あっての会話ですから、やはりそこは相手を観てナンボ。
ただ友達になって下さいでは言葉が足りません。
どう相手を受け入れているのかを足すと、会話が格段とまろやかになると思います。