心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

その人と接しているときの自分が好きならその人を好きになる

「あの人が人として好き・嫌い」→それは誰でもあると思う。
今までは、単純に感性というものがあって、相手を好きか嫌いかを分けているんだー程度に思っていた。

でももっと深く考えてみたら、「感性」というそれらしい単語で片付けるには惜しいテーマであるように思ってきた。

まだ最終形まで纏まっていないが、記録として書いておこう。

あの人が好きということは、あの人といると自分の感情がプラスへ傾くとか高ぶるということである。
自分の感情がいい方向に高まるのは、自己像が上がっているということだ。
自分を素敵な奴、価値のある奴、美貌を持つ奴と思うことは、誰しも気持ちがいい。
けど現実はおっちょこちょいであったり、能力が低かったり、平均的な容姿だったりする。
そんな自分を否定して、「自分ってダメだなぁ」と落ち込んでいる。
そんな気分、楽しいとは言えない。

そこへ、あの人が「あなたはこういういい所がある」といい所を言ってくれると、「もしかして、自分ってイケてる?」と気分が楽しい方向へ傾く。
傾くきっかけには、あの人の一言が欠かせない。
だからあの人が好き!となるんだ。

あの人はけして自分の自慢はしない。
あなたを否定もしない。
頭ごなしの解決法を押しつけたり、説教したりしない。
あの人は私の心を大切に取り上げてくれる。
あの人といると自分に価値があるように思えてくる。
そうだ、僕は価値があるんだ!

人に人気のある人というのは、一緒にいるだけで相手の自己像をぐーんとアップする能力に長けた人です。
一緒にいる相手の影武者となって、裏方で支える。
そんな人を皆求めています。

人に好かれる人とは、そういう人なんです。
結構難しいでしょ。
だから誰でもなれるわけじゃない。