心の流れBlog

心の守り方を考える

黙ると意外と話してくれる

最近、リアル人間界から足の遠のいているKOMAです。
久しぶりに人間と会うと、緊張してついつい沈黙が怖くなり、自分のことをペラペラしゃべってしまいます。
そうやって相手に「うん」と言わせてしまっているって気付く瞬間、自分の徳のなさを感じてしまいます。

ただ人間と触れあっていく内に、こちらが黙ると相手が話してくれる瞬間があって、「なぁんだ、無理して話さなくても相手に手綱を渡すのもアリじゃんか!」と思い始めました。

私が怖がって、手綱を握りしめるから、必然的に相手は従わざる得なくなっていただけでした。

私がリラックスして、沈黙も可とすれば、相手にとってその場は自然に振る舞える場所になります。
気持ちがほぐれた方が、より自分に集中できるので、自らの心の底を吐露することが出来、本人が新たな自分に出会えます。

面白いネタをいつも持っているわけじゃないけど、「この人と過ごす時間は他の誰よりも濃密!」と思う人がいたら、また会いたいってなります。
そういう相手って、素敵だと思います。
私も話を引き出せるそういう人になりたいです。