心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

ガン細胞は賢い?賢くない?

ガン細胞のことを考えていました。
ガン細胞と正常な細胞の一番の違いは、細胞分裂しながら増える能力です。
正常な細胞は、時間や環境のサイクルに合わせて秩序だった世界の下で分裂
します。
ガン細胞は、分裂できるだけしまくる。
だからあっという間に自分のコピーを増やしまくって、人間の身体を支配してしまいます。

ウィルスも同じです。

培養にふさわしい場所を見つけると、精一杯増殖します。

ガン細胞やウィルスは単体で生きることが出来ません。
ですから常に栄養を補給してくれる宿主(しゅくしゅ)と共に生きます。

でも・・・
自分たちの都合で増殖しすぎて宿主が生命を奪うこともある。
なんかミイラ取りがミイラになったみたい。

 我々生物は何万年もかけて種の保存をしてきました。

細胞も動物も生きることに必死だったわけです。
そんなに年月を掛けたなら、「頃合い」というのも分かりそうなものなのに、だぁー
と突っ走って後ろを見たら誰もいなかった みたいになっているのは、どうなんだろう?
などと思ってしまうのです。

生きるためなら後先考えないというのが、生きる者の宿命なんでしょうか?
だとしたら、今の日本人は細胞よりも欲と根性がないってことですかね?