心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

アダルトチルドレンの掲示板より

40代の女性です。
既婚で子供はいません。

自分がアダルトチルドレンなのかどうかはわかりません。

ただ、毎日、実家の母からの電話着信に怯えています。
電話に出ると母から
「毎日がつらくてたまらない」
という愚痴が出ます。
最近は母なりに気を使って、精一杯明るく振舞おうとしているようなのです。
父は既に他界しました。

父がいた頃は、暴力的な父の存在に家族は怯えていました。
言葉と身体の両方をふるう父の姿を見て育ちました。
そして、20歳を越える頃からは、父についての悩みを母から聞くのが私の仕事でした。
私は結婚して実家を離れ、ホッとしました。
しかし、一方で、母からこまめに電話が来て、話題は父の暴言についての悩みでした。
「あんたは良いわねえ。旦那さんが優しいから」
とか
「実家を離れて良かったわねえ」
と言われると母に申し訳ないような気がしました。
その父が死に至る病気になると、今度は母は慌て始めました。
「誰かの妻である」という立場を失うことが怖かったようです。
父は、亡くなる直前に子供たちや親戚に
「お母さんのことを頼む」
と言い残したのですが、母はその言葉を持ち出し、
「お父さんは私のことを頼んでくれたのに誰も私を守ってくれない」
ということを言っていました。
また、
「自分は年を取って、守ってもらうべき年齢になった」
ということを主張します。
年齢のことを言われると、そうなのかな、と思います。

元は社交的で友達が多い母でしたが、最近は母と親しかった人たちが母から疎遠になっているようです。
実家に帰った時に、私と母が歩いていた時に知り合いの方に声をかけられたのですが、その方は母ではなく私に声をかけました。
そして、母が話しかけても母には返事をせずに私に声をかけました。
かつては母と親しかった方です。
その時に、母が他の人とうまくいかなくなりつつあるのを感じました。
でも、他人は疎遠になることはできても、親子は縁を切ることができません。
可愛がって育ててもらったことは事実ですし、完璧な親なんて存在しないとも思います。
母がいなくなったらホッとするのかな、という思いが自分の脳裏を横切る時、ハッとします。
その母は、自分は長生きすると言い張っています。

(オレンジさん 40代 女性)
-------------------------------------------------------------------

オレンジさんへ

こんばんわ。文章拝見しました。文字数934文字。バッチリルール守ってくださって
いますね。ありがとうございます。

アダルトチルドレン(AC)は医学用語ではないので、自分がACと思えばそれで
いいんですよ。

似た経験をもつ私としても、オレンジさんのお気持ちよ~く分かります。
きっとネットの世界の皆さんもそうではないでしょうか?

重苦しくのしかかってくる親の執着。
払っても払ってもからみつくなにか。
苦しいですね。

それこそがACを作った元ではないかと思います。

他の皆さんも似たような体験があれば、コメントをお寄せください。
毒を吐くことは大事です。
ネットですから見たい人が見るだけ。
誰も傷つけません。

ちょっとぐらいキタナイ言葉で「おりゃー」とか「おもっくるしいんじゃ!」
ぐらいはOKです。

人間はつきあって気持ちの良い人としかつきあいません。
オレンジ母さんとの付き合いをオレンジさんに苦しいように、周りの人も
苦しいんです。
周りの人の方が遠慮ありませんから、素直に「疎遠」という感情が出てくる。
親が嫌だと思うときは、そう思っていいじゃありませんか。
感情は抑える方が腐臭を放つんです。