心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

させてもらっています?

最近テレビで頻繁に耳にする”○○させてもらっている”は、正しい日本語?なのか
若干疑問。
例えば、「司会をさせていただきますAと申します。」「お仕事をさせてもらっています」
うむぅ~?
「司会を務めますAと申します」「お仕事に就いています」なら理解できる。

なんで余分にへりくだるのさ?

「社長、お飲みになってください。」と全く同じ臭いがする。
これも「社長、お召し上がりください。」でしょ?

なーんかまどろっこしくて、丁寧なのかクドイのかよくわかんないけど、違和感アリ。

視聴者の皆さんは、この謎の日本語を聞いて、「あれ?」と思わないのかな?
若い視聴者はコレを正しい丁寧語だと思いこむ危険性があるぞ。

途中まで何も考えず発言して、「アレ?これって不遜気味?」とあわてて後半でへんな
丁寧さを挿入するから、させてもらっているというへんちくりんな日本語になるのだと
思う。
言葉は最初から丁寧に組み立てて発声すれば、途中で「ヤバッ」とはならない。

日本語のきれいな人はこのような言葉は使わないと思います。
でも有名アナウンサーが多用しているのをみて、ちょっと頭が痛かったデス。