心の流れBlog

心の守り方を考える

過干渉の毒

こんなに気分がドーンと落ちて、心の中が空っぽなときは、ひたすら否定ゾーンに
留まることにしてます。

ということで2chで「過干渉 親」に関連するスレッド見てました。

いやぁ出るわ出るわ。同じ体験。

執拗なまでに、接触する相手(電話や外出先)を聞く親。
性的なことを真っ向から否定する親。
夫婦仲が悪いうっぷんを全て子供で晴らす親。

まったく接点がない人間同士なのに、過干渉の親の行動傾向は似ているのです。
そう考えると、人間っていくつかのパターンに分かれるんすかね?

そして過干渉親の決定打
「あなたのためにやっているのよ~」←デタ!
ある意味オバケより怖~い。

無知な子供は、親にオマエが悪いと言われれば、「そうか」とうなずき
あなたのためよと言われれば、「そうかも」と思ってしまう。
無知って怖い。でも一番カモられるのは、なにもしらない無垢な人間。
純粋な人ほど知識武装は、必要です。

不条理だと思うのは、被害者であるAC(アダルトチルドレン)は成人してからも
過干渉の毒に汚染され続け、深刻な場合生活に支障を来すのに、誰も支援をして
くれないんですよね。
みんな「自己責任でしょ」とかいって。

罵倒されて、搾取されて、自己否定にさいなまれて、生活できなくなって、・・・
自殺したいって思っても仕方ないよって同情するよ。
けど、泣いたって誰も救っちゃくれない。
そこは、結構厳しいんだよね。人生って。

同じ思いをする兄弟よ。共に歯を食いしばって感張ろう。