心の流れBlog

心の守り方を考える

電話の第一声でわかること

知らない番号から電話がかかってきたとき、誰だろうと不審に思うことがある。
受話器をあげて、こちらが「どちら様ですか?」と尋ねると、
「○×さんのお宅ですか?」と訊きよる輩がいる。
どんだけ失礼なんだ!

一方的に電話をかけてきて、自分の名前も名乗らずに、まず相手を確かめようと

する。
それって完全に自分のためだけに電話をしているんでしょう。
電話をかけた相手を不安にしてしまうことなど、微塵も気を配らないといった態度に
その人間の横柄さが現れている。

もちろん、そんなこと大したことではないよ~、気にしない とおっしゃる人もいるだろう。

それでも私は自分が名乗ってから、相手を確かめるのが、相手に対する配慮であると
主張したい。

電話をかけてきた主は少なからず用事があって、相手に応えて欲しくて電話している。
応えて欲しい、つまり相手から情報を引き出したい・了解を得たいなどなんらかの
益を受け取ろうとしている。だったらなおさら、電話の相手に配慮し、気持ちよく応じて
もらえるように計らうのが賢い人間のやることだろう。

ほんの少しの気遣いで、相手がホットしてくれたり、あっさりYesといってくれる
ことがある。
それは、こちらの配慮が効いているとき。

単に「△△です。○×さんいらっしゃいますか?」というか「○×さんのお宅ですか?」
の違いで、相手の抱く印象は変わる。
こんな小さな努力で済むなら、配慮のある言葉を選んだ方が互いに気持ちいいです。

無視できるほどの小さなこと。
でも一つ一つ拾い上げると、結構相手に与える印象って違うんだな~と実感しました。