心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

自分のない人は、結局不幸への道を歩む

不倫がバレて、一旦別れると決めたものの、男性にそそのかされて別れられない女
周りから無茶な頼まれ事をして、それを引き受けたものの後悔する人

こういった周りに流されやすい人は、いつまで経っても悩みは途絶えず、次から次
へと不幸の種を招きやすい。

自分の心はNOと言いたいのだけど、言うと周りに悪いかな・相手を裏切ることに

なるかなと遠慮ばかりして、自分を押し殺す。
とはいっても自分を完全に無くすことは出来ず、事ある毎にむくっと自分の願望が
わき上がって、対処に閉口する。

いっそのこと、嫌われちゃっていいから、心のままにNOといったらいいですよ。
一旦嫌われたら、それ以上嫌われることがないから、へんな取り繕いをする
必要もなくなるし。

もっと派手に、みんなから嫌われましょう!
自分の心を守るためなら、嫌われたっていいじゃない。
そんなことしたら、自分がわがままで暴走してしまうんじゃない?と思うアナタ。
それはありませんから、ご安心を。

心の欲求ってそんな過激な方向へは行きません。
自分が嫌なことはイヤといい、好きなことは好きといっていれば、心が安定し
その分、冷静でいられます。
むしろ、心を押し殺して、不満をためてためて、爆発したときに、万引き・痴漢・暴言
などの強硬手段に出るのです。

地震だって、ちょこちょこ起こっていれば、エネルギーが適度に発散されるけど
ずっとエネルギーをため込んでいれば、大きな地震になるでしょう?

やりたいと思ったら失敗してもやればいい。
やりたくないなら、NOといってやらなければいい。
そういうちょこちょこの発散をしていれば、大丈夫、巨大爆発なんてしませんよ。

矛盾しているように聞こえるかも知れないけど、理性で押さえつけられている礼儀
正しい人ほど、あるときびっくりするほど無礼になったりするんです。
心のままに生きている人は、礼儀正しくないかもしれないけど、愛嬌があって
正直さがあって、いつも同じくらいの心理的安定感があるから、安心して近づける。

自分の欲求に素直な方が、生きやすいし、信頼も得やすいし、愛されやすい。
それでも、周りを気にして礼儀正しく、自分を押し殺して生きていたいと思いますか?