心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

納得!成田離婚

子供のころ、成田離婚という単語を聞いて、仰天したのを覚えている。
新婚旅行に行っただけで離婚?なんじゃそれ?である。
いったい旅先で何があったんじゃい。

大人になってからは、遭遇しました、成田離婚。

会社の先輩の友人が結婚して、私もその友人を知っていたので2次会に出席した。
300人くらいの人にお祝いされて、奥様もたいそう綺麗な方で、パーフェクト!な
感じだったのに、新婚旅行に行って帰ってきたら、結婚をナシにするという結論に
いたったらしい。パスポートの関係で、籍は後で入れるということだったので、
離婚ではなかった。

なんでだろ~なんでだろ~なぜだなんでだろ~(テツ&トモ 懐かし!)。
二人のことは二人にしか分からんとはいうけど、だいたい想像が付く。
要するに、海外で勝手がきかない状況において、互いが助け合えなかったっちゅー
こっちゃ。
とくに男性が頼りないと、女性はげんなりしてしまう。これから、子供を作って
育てるなんて、とてもじゃないけどできませーんってね。
で、離婚しましょ!となる。

わからんでもない。男女関係なく、危機的状況に陥ったら、なんとか回避手段を
考えるのは、おのおのの責任だ。おこちゃまじゃないんだから。
けど、一方だけが考えて他方は従うだったら、先行き不安じゃね?
将来、どっちかが病気になるとか困難はいくらでもあるんだから。
若くて判断力があって体力があるこの時期に、これかよ[E:annoy]って思ったら、一緒には
やっていけないよねー。

だから、私は頼りにならない人となんか旅行に行かない。
Sさんとは、近場であっても出かけるのに躊躇する。まったく使いものに
ならないんだもん。
自家用車にドライブレコーダー付けたのだって、Sさんが事故っても、きっと交渉が
出来ないだろうから、映像を捉えておけっていうリスク回避策だし。

結婚は信頼関係だと思う。だから、頼りにならない相手って、そもそも結婚相手と
して、ふさわしくない。
バツイチもめずらしくないし、私ならさっさと離婚しちゃいなーって勧めるな。