心の流れBlog

心の守り方を考える

アスペルガーと結婚してしまったら

発言小町を読んでいたら、アスペルガーの夫を持つ妻がたくさん書き込んでいる
トピックがあった。
一緒にいても一人ぽっち、離婚したいなどのネガティブな感情が書き並んでいた。
アスペルガーをよく知らない人からは、なんでそんな人と結婚したの?や自己責任
でしょ?という意見が述べられる。
一方で妻は、つきあっているときにはそこまで深刻に考えていなかったとか、あばたも
えくぼに見えたという声が多い。

周りの意見も、妻の意見もどっちも正解だと思う。

私は、アスペルガーが特定のタイプにとって魅力的なのは想像できる。
特定のタイプとは、自己の存在が弱い人、常に周りの目を気にしている人。
アスペルガーはこだわりが強く、人の意見に左右されないので、自己の弱い女性
には、自分を持っていてシッカリしていると解釈される。己にはない強さに惹かれるのは
当たり前のように思う。

アスペルガーと結婚している大半の女性は、自己の不安定さがあり、それを補うに
ために、自己をシッカリ持つ人が必要だった。けど、結婚してみたら、相手は自己を
シッカリ持つことはできるが、他人に合わせることが一切出来ない。
これでは、共同で生活することがままならない。
夫は夫、妻は妻とバラバラに生きているならもはや結婚の意味などないのではないか?
だけど、自分一人に戻るのは、とても怖い。そもそも結婚の出発点が、不安定な
自己を補うためだったのだから。
と、堂々巡りになっているのだ。そして掲示板に同士を募る。
あっ、こんなにたくさんの人が同じ苦しみを持っているんだというだけで救われる。
けど、また夫の心ない言葉や行動が心にグサッとくる。

ここで妻がやるべきは耐えることなのか?それよりも自己の不安定さを取り除くため
の手段を考えることではないだろうか?
自己の不安定さがある以上、離婚も出来ないし、仮に離婚できたとしても、また
同じアスペルガーっぽい人に惹かれて、結婚してしまう。
一人で生きていくことができるくらいの精神的力強さを身につけることこそが、この
苦しい状況を打開する唯一の方法だと思う。

アスペルガーと結婚したことは、間違いではない。
それも一つの選択だったし、結婚生活において互いを思いやることが大切だと
心から理解することも出来た。
でも、実際困っている。だからどうするのか?離婚とかそういう結果はともかく、
アスペルガーと結婚してしまった理由を、原因をよく考えてみたら、本当の解決策が
見える気がするなあ。