心の流れBlog

心の守り方を考える

好きになってくれたから、好きになる は成り立つ?

相手から告白されて以来相手のことが気になってしまう。私も好きかも知れない・・・。
という台詞を聞いたことがある。
これが成り立つのか検証してみよう!

人間は好意を向けられると好意で返したくなるミラー効果がある。

だから、私のことを好きな人は私に好意的な態度をとるので、印象が良くなり
私も好意的に振る舞う。
だとすれば、好きと言われたら、好きになるかも。


まてよ、そうか?

種のない所に芽はでない。
相手のことを好きだと思っていないのに、告白されたというだけで、好きという感情
の芽は生えないでしょう。
だけれど、好きかもと思ってしまう背景には、
告白された側に日頃から欠損した感情(寂しい)があって、告白という甘美な
世界がその欠落感を埋めてくれるという過大な期待があるだけなのだ。

恋愛は互いに愛することしかできない。愛されるのは運みたいなもん。
告白されたという理由だけで、おつきあいをしても、相手を愛したいと思えるほど
相手の人間性が魅力的でないと、片思いと大して変わらない。
いずれ崩壊することになるだろう。

おつきあいするときは、告白されたからという理由ではなく、その人間が告白して
いなかったとしても、自分が愛していきたい相手かどうか考えてからお返事しても
いいかなと思う。