心の流れBlog

心の守り方を考える

プライベートを知られるのが大嫌い

昔から、他者にプライベートの質問をされるのが大嫌いだ。
彼氏いるの?どんな人?週末どこに遊びに行くの?正月はどう過ごすの?

質問している側からすると、たいしたことのない言葉でも、こちらはぎくっとする。
おそらく親のせいだと思う。

実家にいるとき、遊びに行かないと、「友達いないの?」といわれ、遊びに行くと

「誰と行くの?」と聞かれ、自由がなかった。
友達がいないと判断されたときは、私が罵倒され、遊びに行く相手が親の知らない人
だとしつこくその相手のことを聞く。そして気に入らなければ、相手を罵倒する。

そうこうしているうちに、自分のことは一切外に情報を漏らさないようになった。

一度、親に結婚しようとしている人の写真を見せたら、めちゃくちゃ言われた。
ちょっと皮膚が弱い人だったので写真を見て、「ケロイドみたい」と言い放ちよった。
こんなのが私の親。人間として信じられない。

親だからといって好き勝手に言葉を放ってよいわけがない。子供を支配していいはず
がない。でもいまだにやまない。
だから親を捨てた。

親を捨ててもなおプライベートを他者に知られたくない。
トラウマって根深いんだね。
ふぅ。