心の流れBlog

心の守り方を考える

人に嫌われる理由を考える

人に嫌われるタイプというのに
1.自慢の多い人
2.愚痴の多い人
3.横柄な態度の人
というのが、挙げられる。
確かに、このような態度の人は、一緒にいて楽しくない。友達としても
関わり合いたくない。

では、なぜこれらの人を避けるのか?

それはずばり、どのタイプも自分に自信がないから。

自慢が多い人は、自慢をして、相手に承認してもらわないと、自分の存在
価値を認められず、自己否定してしまう。
生きるために、水を必要とするかのごとく、自慢の承認を必要とし、
自慢話をしてしまう。

愚痴の多い人は、愚痴の源に立ち向かう勇気がなく、気持ちだけが膨らんで
愚痴を自己内で消化できず、誰かに「しょうがないよね」と承認して欲しくて
もしくは「大変だね」ってねぎらって欲しくて、愚痴を言い続ける。
生きるために、排泄を必要とするかのごとく、愚痴を垂れ流し、自分は悪くない
被害者だと承認して欲しがる。

横柄な態度の人は、他人をけ落として、自分の立ち位置を上げないと、自分の
存在が揺らいでしまうと思っている。
生きるために、競争社会を勝ち抜くがごとく、他人をけ落として、自分の存在
価値を無理矢理押し上げる。

自信がないから、見た目だけ強く出ようとする。
そんな人、友達やパートナーとしては、頼りなさ過ぎ。
人は人と関係を築くとき、相手の強さを無意識ながら見る。
だって、助け合う仲間なのだから、心許ない人は選びたくないもの。

人に対して感情の好き・嫌いもあるだろうが、もう一歩考えを推し進めて、
好き嫌いの感情が発生する理由まで探れたら、人間という物への理解が深まるかも
しれない。