心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

他者になにもしない

他者に何もしない代わりに、何もしてもらわない。
GIVE&TAKEを一時期的に止めることにした。

他者になにかをしてあげている私は、心の奥で何かを期待している。

他者に感謝されることや優しくされることで、自分という存在を肯定し
認めようとしている。
けど、これは他者が自分の描いたとおりに反応してくれないと不満の元
になる。

よく考えたら、母親がまさにこのパターンの性格だった。
子供に頼まれもしないのに、いろんな事をやってくれる。挙げ句、「感謝されない」と
不満をぶつけてくる。でも子供からすれば、そんなこと頼んだ覚えないしって感じ。
もしやるなら、感謝は要求しないで欲しい。

そんな性格の母親は、自らの不幸をすべて他者や時代のせいにしていた。

私は、母親を見て、「なんだこいつ?」と毛嫌いしていたのに、いつのまにか
自分も同じ考えになっている。
あちゃー。ヤバイ。

ということで、無償の愛を差し出す人徳のない私は、他者になにもしない
ということで、何も受け取らないことを当然とする感覚をまず最初に
身につけることにした。

もちろん、この人の話は聴きたいと思えば、自分でそう決めて、傾聴をする。
けど、自分が聴きたくないと思えば、聴かない。
私は、すべての人の犠牲になる必要はなにもないのだから。

この訓練を繰り返していけば、木村医師の言う、「自分のバイブレーションが
強くなる」状態に近づくのだろう。