心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

結婚に向かない男性

世の中には「他人と自分の価値観は異なる。異なるものは仕方がない。」と
考える男性がいる。
おそらく周囲に自分の領域を侵害されて、不快な思いをしたことから、他人に
そういったことはしないでおこうと学習したのだろう。

ある意味では自他分離が明確に出来ている。

こういった性格は

友達なら、気が合う(似た価値観を持つ)人間と都合の良いときだけ親しく話を
していれば、関係性に問題は起こらない。
なにせ、価値観が真っ向から異なる場合は、その話題を避けるか、もしくは
友達関係を解消すればいいだけのことだから。

一方夫婦である場合はどうだろう?
全く同じ価値観を持つ他者同士などいない。しかし生活していく上で避けて通れない
問題が発生する。そのときに価値観が違うからと、距離をとったり避けたりすることは
できない。
だから、対話をしてどういう解決の仕方をするのか、互いに積極的に考えて、歩みより
の姿勢を持たなければ、関係性は維持できない。

夫婦とは粘り強く相手と向かい合い、困難を乗り越えていく運命共同体みたいなもんだ。
だから最初から対話の姿勢を持たず、他人は他人と切り捨てている人間は
結婚というスタイルに向かないと思う。

孤独が好きな人は孤独で生きるのが一番ストレスフリー。
下手に関わらないで、そういう生き方の人なんだと割り切ったほうがいい。
無理に対話のテーブルに付かせようと努力しても、無駄に終わる。

そういった意味では、幸せな結婚するために、人間タイプの見極めが肝心。