心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

アスペルガーの母親が定型の子を育てると?

アスペルガーの母親が定型の子を育てるとどうなるか?

以前、子供の心理発達について放送大学の授業を見たことがある。
赤ちゃんは最初自分のことしか考えられず、不快ならば泣き声を上げてメッセージを伝える。
少し成長すると、言葉を介して意志を伝えるということを覚える。
さらに成長すると、自分と他人の見分けがつくようになる。
そして、他人のことを思いやれるようになる。

しかし、この心理発達モデルは、親と適度な心のやりとりをした場合だ。
母親がアスペルガーで、我が子の気持ちを汲まない場合に、子供は思いやりを持って接しられるという経験が積めず、発達が止まってしまう。

アスペ親によって育てられたいい人は友達止まり

俗に言う【いい人】というのは、少なからずこういった親子関係にあったと推測される。
いい人は、相手への積極的な働きかけが薄いが、代わりに相手に感情を強制しないし、お願い事をきいてくれる。一緒にいると居心地はいい。

働きかけのキッカケは、相手の気持ちに共感すること。
共感して、「かわいそう」とか「助けが必要そうだ」と思うからこそ、行動できる。
この共感がなければ、行動するところに至らない。

女性が、「あの男性は【いい人】なのだけど魅力がないのよね。」というのを耳にする。よい意味で働きかけてくれる人が魅力的に見える。
それが出来ない人は、”困ったとき助けてくれない” そううっすら思い描く女性は、”この人いい人だけどちょっと…”と防衛本能が働いて、絶妙に避ける。

心理的発達は後でフォローできない

では、成人してから共感力を身につけられるのか。

ここに親を剥奪され、共感されずにいた子供の事例を紹介する。
--
ドイツで、幼少の時から塔に幽閉されていたカスパー・ハウザーという人がいた。
ある程度の年齢になって、救い出された。
手厚い保護の元、カスパーは様々な技術を身につけた。本人の知能の高さもあって、だいたいのことは一般レベルまで出来るようになった。
ただ一点、他人の心を理解するというのが、どうしても出来なかった。
--
以上のことから、幼少期母親と感情のやりとりがなかった場合、脳に問題がなかった(定型)としても、精神発達に問題が生じ、またそれを治療する手段がない。

だとしたら、アスペルガーの母親に育てられた子は、かなりの確率で、人の心を理解できないことになる。せっかく定型で生まれても、疑似アスペさんになる可能性が極めて高いのだ。

アスペの親に育てられた子の行く先

親がアスペルガーの人が定型の人と人間関係を結ぼうとするとどうなるか?
近しい者ほど、互いの関係を強化したくても共感力という壁が立ちふさがり、力尽きて離れていく。わかり合えないと、互いが消耗する。

こういう人間は一体どうすれば、幸せになれるのだろうか?
一人で生きていくことなのだろうか?わからない・・・。

《追記 2018/01/16》
これは私の配偶者のケースを取り上げたもので、記事を書いて8年後の今分かるのは、時間をかければ疑似アスペは緩和する可能性があるということ。

やり方としては、本人に責任を押しつけるのではなく、環境が発達遅滞を起こさせたということを前提に、人はどう感じているのかを丁寧に解いていく。すると、わずかながら分かるようになっていく。

彼らにとって「共感」とは、異世界の産物。それくらい相容れないものなので、人の感じ方を懇切丁寧に言葉にしていくことで、共通の言語が手に入る。その道のりは険しく一緒にいる側はストレスに感じるだろうけど、諦めずに共感をともに学ぶつもりでやると、よき方向に行くと思う。