心の流れBlog

心の守り方を考える

自己顕示欲

独身の女性は賢いから、皆の前では自慢話などしない。だけど、ブログの中で
モテ自慢とか仕事ができる自慢をするらしい。

既婚の女性は、人の前で子供の出来や夫の収入について、自慢するらしい。

ふうーん。なんで自慢したいんじゃ?

他者の自慢話は聞いていて、気持ちの良いものではない。

なぜなら、他者の気持ちを満足させるための道具として、扱われている気が
するから。欲望の対象にされることはいつだって、不快だ。

だけど、自慢話をする人は、どこかで誰かに認めてほしい感覚が強いから
ついつい他者に自慢してしまう。論理的に考えたら、誰かに認めてほしいと
思うことが発端なのだから、そこを自分でなんとかすればいいのではないか?

他者になんと言われようと自分自身が認めていれば、それでいいと思う。
仮に他者にどんだけ賞賛されようとも、自分が同意できないときは、賞賛が
自分を認めることとは結びつかない。大切なのは自分自身が認めているか
否かということなのだ。

他者に認めてもらうことで、なんとか自分を認められるという弱気な態度では
いつまでたっても自信が育たない。もっと、自分を信じるために、自身を褒めて
やってはいかがだろうか?