心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

イヤな事を乗り越えるコツ

私は、いやなことがあるとスゴい勢いで体が拒否する。たとえば歯医者。
あのキーンって音が怖くて、手足がつめたーくなる。
3ヶ月前に歯医者に行った時なんて、あまりに冷たくなりすぎて、看護婦さん
二人にさすってもらって、ホッカイロを貼ってもらって、手まで握ってもらった。

 苦手な相手に対峙するとき、気を失ったこともあった。

それでも生きている以上、苦手なことに向かい合わねばならぬ・・・なーんて
固いこと考えてるからダメなんだよね。

で、ふと妊婦さんのことを思い出した。出産って超痛い。赤ちゃんを体から出す
のだからね。でも、出産した人はその経験すらよかったと言う。なんでだろう?

妊婦さんは、出産したら「赤ちゃんに逢える」。その楽しみの方が痛みの恐怖
よりも何倍も大きかったり、実際逢えたことで感動して、いやなこと忘れちゃったり
する。だから、「よかった」というのだ。

昨日見ていたTVに、小児ガンにかかった希龍くんという子の諦めない人生を
特集していた。余命宣告1年を切ってから、あこがれの人であるプロバスケット
の川面選手に出会い、川面選手の試合のあと、コートでフリースローにチャレンジ
すると男同士で約束したのだ。

希龍くんは自由がきかない右手ではなく、使える左手を必死で鍛え、見事3回の
チャレンジでゴールを揺らすことができた。
リハビリ中、その目標に向かって進む我が子を見て、両親はなによりも、目に
輝きが戻ったことがうれしかったと言っていた。

希龍くんは、客観的に見れば人より命が短い、そして完治の可能性はない。
でも、どんなに短くても人はいきいき生きられるんだと改めて思った。
希龍くんは、絶望より希望を見たんだ。

我々はそこまで壮大でなくても、ほんのささいな日常でも、いやなことに目を向ける
のではなく、そのさきのいいことに目を向ければ、いつも輝いて、正面を向かって
生きていられると思う。

気は持ちようというけど、実はこういう事かもしれない。
医者は苦手だけど、健康を手に入れることのすばらしさを見つめて、医者嫌いを
克服します。