心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

なんでもありの生き方

30年くらい前に比べたら、価値観は多様化したと思う。でも、まだ足りない。
女性は結婚して、子供を産んだら本当に幸せ?

例えば妙齢になって、友達が結婚していくのを横目に自分は結婚相手が
いないと嘆く女性。
結婚したけど子宝に恵まれず、気持ちが沈んでいく女性。

読売ONLINEの発言小町なんかにしょっちゅう掲載されているトピックだけど、

私はうーん?共感できない。
人の幸せの価値基準って、人それぞれじゃないの?

家族は他者より一見繋がりが強いから、孤独に弱い女性が家族を持ちたがる
気持ちは分かる。でも家族だって、ちょっとなにかあれば別れちゃったり、
愛する余り憎しみに変わったりする。だから絶対的繋がりなんてない気がする。
それより自分の人間性を主体とした繋がりの方が信じられるんじゃないかな。

なんか自分に自信のない女性が多いのかな。他人の環境をひがんでいる女性
を見ると哀しくなる。
産休明けで時短勤務の女性をうらやむ独身女性。なんでうらやむのー?
キャリアという点では圧倒的に独身で男性と同様に働くあなたの方が有利じゃん!
と思う。
あなたも結婚したら産休や時短がとれるんだからラッキーとかは思わないの?
とツッコミたくなる。
相手に自分にはない生活面を持つうらやましさはあっていいけど、ひがまなくても・・・。

世間が婚活とか、産活とか煽り立てるからきっと彼女たちも焦って、ついつい
ひがんじゃうんだろうなあ。
もう少し、なんでもありの生き方を認めてあげたらいいのに。

老人で独身が楽しく暮らせる生活スタイルが普及すれば、結婚や出産に拘らなくて
いい。
次の参院選はぜひそういう構想を考えている人に一票!