読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の流れBlog

心の守り方を真剣に考える

尽くす女をやめられない理由

尽くす女がろくな扱いを受けないことは、世間も十分承知しているだろう。 浮気され、暴力をふるわれ、挙げ句捨てられる。なのに、尽くす女が後を絶たない。そこには尽くすことから抜けだせない何か深い理由でもあるのだろうか?

根掘り葉掘り聞こうとする心理とその対処法の考察

今も昔も、自分にまつわることを聞かれるのが苦手です。 値踏みするかのように、あれはどのくらいだ~、これは持ってるか~という質問には、吐き気がします。でも小心者なので、はぐらかしながらも怒れなかったり、黙らせられなかったり。悔しさの余りハンカ…

ダサいとは、どういう状態を指す?

キャリコネニュース blogos.com にこんなんが載ってたんで、ダサいについて真面目に考えてみます。

マウンティングをする心理

他人が自慢してくると、負けじとつい自慢仕返していませんか? 相手の上に立ちたいという気持ちが勝って、ついついしてしまうマウンティング。その心理について考えてみたいと思います。

おしゃれブロガーが批判されるワケ

www.kokorononagare.com の考察をさらに深めていきます。おしゃれブロガーが批判を受ける理由について、さらに深く考えていきます。 我々はなぜ、おしゃれブロガーを批判せざるを得ない穴に落ちてしまうのでしょうか。

おしゃれブロガーあるあるの先に見える虚構

インテリア、ライフスタイルといったものに注目を集めるおしゃれブロガー。 とっても素敵でいいじゃない!と感じる人がいる一方、違和感を感じる人もいる。 違和感を感じた人々が集う「おしゃれブロガーあるある」は、かなりの盛り上がりを見せている。何が…

あなたの心が疲れる原因

婚活で、とんでもない相手に出会ったり、ひどい扱いを受けると、心が疲れる。 疲れるだけなら、休息すれば回復するが、一概にそうとも言えないようだ。 婚活疲労外来がある、ということは、それだけ多くの人の疲労が取り切れていないということだろう。

なんでムラ社会にこんなに傷つくんだ!

私たちは、「みんなと一緒じゃない」「常識って呼ばれる範疇にいない」と指摘されたらとっても傷つく。 ホントは傷つかなくていいのに、言ってきたヤツの性根が悪いだけなのに。 なんで傷ついてしまうんだろう?

言葉のクセに見る人の心理

人間、誰しも言葉のクセを持つ。 その中でも、特に多くの人に使われており、かつ、悪い印象を与えてしまうものに 「~ですが」が、挙げられる。この「ですが」。使う人は使うし、使わない人は滅多に使わない。 なぜ人によって違うのか?考えてみよう。

見えるものに惑わされない

現在放送中の「砂の塔」。タワーマンションの階数によるヒエラルキー、いじめを描いている。 週刊誌の現代ビジネスによると地方出身者が成功の証として、タワーマンションの上層階に住むらしい。 上層階の人は、そこそこの優越感に浸り、中層階や低層階の人…

執拗に答えを迫る人への対処法

どこの世界にも、執拗に答えを引き出そうとするヤツがいる。 なぜそこまで拘るのか?と言えば、 単に興味があるから (答えをネタに)自分と比べたいから が、理由だろう。しかしそんな表面的なものではなく、ホントはもっと必要に迫られた理由がある。

的外れな悩みに振り回される人々

見当違いの悩み 相手から誘われない 婚活で成果が出ない 事業の売上げが上がらないこういう悩みにずっと振り回されている人、自分も含め周りに居ませんか?

繋がりというセーフティネットが働かない時代

俳優の高畑裕太容疑者が性的暴行で逮捕された。 彼曰く、性衝動が止められなかったと。 しかし、だ。自分の立場を考えれば、過ちがどれほど大きな損失を生むか、容易に想像できる。 今週末の24時間テレビのドラマに出演し、現在放送中のテレビドラマに出演し…

疲労感の溜まる会話してませんか?

親しい人と話していても、別れてからほっとすることがある。 一方で、道ばたで出会った見知らぬ人と、ついつい話し込んでしまい、名残惜しさを残しながら帰路につくことがある。知っているから、気心知れた会話が出来るというわけではなさそうだ。

バカにしあう者同士協奏曲

まぁまぁ年を重ねた女性が発言小町にあげたトピックが、人間って自覚なく人をバカにするんだと感じられたので、取り上げてみたいと思います。

「いや、それは・・・」と話し出す心理

相手から話を振られて、肯定的な返答をするときも否定的な返答をするときも、「いや、それは・・・」と話し出す人がいる。否定的な返答のときはいざしらず、肯定的な返答の時まで、一度は「いや」と否定せざるを得ない気持ちって一体なんなのだろう?

全面受入れも排斥も同じ

誰かから質問されて、その質問を何も考えずに受け入れ、答えを出すことと、同じシチュエーションで、その質問にとりあえず拒否を示すのは、全く同じ次元の行動である。「質問された」という状況に受身である という意味で。

アイデンティティと愛着対象

アイデンティティとは、自分がどのような人間であるかを下支えしている意識。

奢りたがる人たち

奢るのは大好きだけど、奢られるのは苦手という人がいます。時に身の丈に合わない程奢ってしまい、あとで極貧生活・・・や家族にしわ寄せなんてことも。はっきりいって不健康です。では、なぜそこまで奢りたがるのでしょう。

羨望を口に出すときの気持ち

サラリーマンが個人事業主を「自由でいいよな~」というとき年寄りが青年を見て「若いっていいよな~」というとき男性が結婚退職する女性に「仕事辞められていいな~」というとき単純に羨望だけが込められているんだろうか?

「私って○○な人なの」という人の心の内

自己像のない人が評価を求めるで自分の像を持たない人のケースを書いたが、一見すると反対の「私って○○な人なの」という強く自己像を持ったケースはどうだろう?

せっかちな人間の心の内

私は、せっかちさんです。問題が起こったら、放置することが出来ず、しゃきしゃき解決に向けての手だてを立てていきます。その性格のおかげで問題解決能力、情報収集能力は磨かれました。一方、情報不足による早とちりが発生したり、問題を忍耐強く考える力…

文句ばかりで解決策を言わない人の心の中

親が私の寝ている部屋に入ってきて、「クサイ」という。フケの臭いがするとか空気がこもっているとか。そりゃ、日中居ないし、開けっ放しで寝るわけにもいかんから、空気もこもるでしょう。

いい人、存在感のない人 に言及した文章の紹介

人の心が分からない人、どーも存在感が薄い人、いい人だけどモテない人。なぜこんな人格が形成されてしまったのかを表現した文章を見つけた。ダメダメ家族の目次録 人格

「~ですよね?」という語尾に見る真意

私が気持ち悪いと感じる語尾~ですよね?~だと思いませんか?発言小町を読み、この語尾が登場する度ムカっとする。