心の流れBlog

心の守り方を考える

アダルトチルドレン

ACになったのは親のせいだけど、だからって恨めっていってるんじゃない

このブログを書き始めた頃、自分の中で親への恨みが湧いては消え、湧いては消えしていた。 文の中に恨み辛みを込め、呪詛か怨念の如く愚痴を吐き出していた。その頃にお読みいただいてた読者には、たいそう見苦しい文をお見せして、申し訳ない。 ただアダル…

アダルトチルドレンは言語化が苦手

何名かの患者さんとお話ししていて、みなさん共通でおっしゃるのが「うまく言葉に出来ない」。 「自分の気持ち、考え、そしてどうなって欲しいのか」を話して下さいと促すと、言葉に詰まったり、極端な例を上げたりする。もっと細やかに、心に寄り添うように…

誰でもできる!ACを抜け出す一歩

アダルトチルドレンは、長年かけて作られているので、抜けるのに一苦労です。 カウンセリングにかかって、自分と向き合って、けっこう頑張らなければなりません。でも最近ちょっとしたことで、少しはましになるんじゃないかという思いが生まれました。とても…

小さく無理なく自己肯定感を高める方法

自分を好きになれない 自分の意見に自信が持てない 自分(の存在)が間違っている気がするそんな不安を抱えながら、毎日を暮らしていませんか?「自己肯定感」を高めるためには、”自分を好きになろう!自信を持とう” と意識するより”なんか良い感じ。ちょっと…

ACカウンセリング 本気で支援します(PR)

カウンセリングを受けた経験のある方は、感じたことありませんか?-このカウンセラーさん、私の言ったこと覚えてる?ー2回、3回と回数を重ねても、カウンセリングの出だしは「調子どうですか?」「どうぞ、気になったことを話して下さい」と定型句が並ぶ。先…

「私は大丈夫」で押し切ろうとする人々への対処法

世の中には、全ての事を自分勝手に押し切ってしまう輩がいます。 そんな人の言動をあらかじめ予習しておいて、下手に使われないようにしましょうね。

「COCORA 自閉症を生きた少女」を読んで

この本を読む前は、表紙の少女に言いしれぬ恐ろしさを感じ、足がすくんだ。 だが、読んでみてAmazonのレビューとは裏腹に、作者の感じたこと、体験したことを身近に感じることができた。この本に表される豊かな表現は、アダルトチルドレンが自分の置かれた環…

「どうしたの?」に答えられない理由

誰かが声を掛けてくれる ーどうしたの?ーそれに答えられない自分がいる。答えるのなんて、とても簡単でしょ! と思うかも知れないが、一定の環境下で育った人間にとって、どうしたの?は文字通りの意味ではない。それは失意の始まりだから…。

これは見ておいた方がいい、という映画

昨日は映画館のレディースディ。以前から見たかった生田斗真君主演の「彼らが本気で編むときは、」を観てきました。 kareamu.com

ACに「論理的であれ」というのは無理難題なんじゃ…と思う

世の中は論理的であることを強く求める。 確かに整理された文章は読みやすく、読後伝えたかったことが、しっかりと頭に残る。 みんながみんな、そういう文章を書けたら、言葉を話せたら、世の中の混乱はずいぶんと減るだろう。だが、我々ACは論理的に発する…

ACはファンタジー世界の住人

オタクや二次元好きの人だけがファンタジーの世界に心酔しているとは限りません。 ACもまた、現実を直視せず、都合のよいストーリに身をゆだねようとしています。 今日はそのACの都合のよさについて考えてみたいと思います。

子供の心を一番踏みつけているのが親という真実

昨日、ちょっとだけ自身の過去に触れた(褒めることの弊害)。 このときの親の反応を思い出すと、つくづく自分勝手な親だと思います。

愚痴ばかり言うアダルトチルドレンの親の心はどうなっているのか?

会えば愚痴、電話でも愚痴、とにかく愚痴。 全身から愚痴臭いの染み出る女、それがACの母親。なんでそんな生き方しちゃってるのか、分かりますか?事前にそれが分かっていれば、浴びなくてもいい毒もある。 防衛手段の如何として、彼女たちの生態について考…

親子の間のイジメが、ACをつくった

ー子供をいじめる親はいないーそう思っているかもしれない。 だが、親が子を憂さ晴らしのサンドバックにしたり、食いものにしたり、なんてことはしょっちゅう。 力の弱い子供は、それに耐えるしかない。 もし大人になって尚、因縁をつけられても押し黙ってし…

なぜあの子は人気者なのか?の理由を考えてみる

賑やかなあの子に憧れて、寂しい自分を省みる。どうしたらあんなに人気者になれるんだろう?けっこうわがままな性格なのに。 自分を抑えて、律していい子を演じてるACからもっとも遠い存在の彼ら。 「わがままな子は要りません。」「言うことを聞く子が好き…

我慢しないで上手く言う!して欲しいことをあえて言わない技法

こうして欲しい! と、主張したいこと、ありませんか?「どいて欲しい」「分けて欲しい」「配慮して欲しい」。 欲しい気持ちは分かるけれど、それをそのままぶつけると、角が立ちます。 では、どうすればよいのでしょうか?

がさつだからって悩むことない!策はある

きれいな洋服を着て丁寧な物腰でいる人に憧れますね。 異性同性問わず、細やかなところまで気配り出来る人は人気があります。丁寧に作業したつもりが見落としがいっぱい、きれいな字を書こうと心がけてもいつもまにやら書き殴った文字、畳んでしまったのか丸…

自分さえよければ何をしても構わないという暴力

娘の身体の変化をSNSで全世界に発信した愚かな親が話題になっている。 親がそのまた親からされて嫌だったことを、子にやる無神経さ。 なぜ、こんなことが出来るのだろう?

アダルトチルドレンは自らをゴミ溜め扱いしている

アダルトチルドレンは、自らがどう扱われるべきなのか、分かっていません。 だから不当に扱われても、怒りを上手く表現できないし、怒りそのものがだいぶ遅れてやってきます。怒りが湧いたなら、湧いたその時が問題を解決するベストなタイミング。 不当に扱…

相手のことを考えられるようになるためには

ACがバカにされないために出来ること の続きです。前回、「バカにされないためには、相手のことを考えられるようになること」、といって締めました。 でも、だからといってそう簡単には変われません。 相手のことを考えられる余白をつくるためには、まず自分…

ACがバカにされないために出来ること

誰しもバカにされて悔しい思いをしたことがあるだろう。 ACは他に比べてバカにされやすい傾向がある。 そんなACの力となるべく、バカにされることに正面から向き合い、考察を深めていく。

ACの回復はどうやって行うのか?

アダルトチルドレンとは何か? アダルトチルドレンが抱える問題とはなにか? に言及した書籍はたくさんある。だが、アダルトチルドレンの回復方法について言及したものは少ない。 巻末にちょちょっとこうしたらいいですよ的に書いてあるのみ。下手をしたら、…

傷つく原因から分類するアダルトチルドレンの必勝法

人と接する以上避けられないのが傷つくこと。 ACは傷つきやすく、落ち込みやすい。 どんなことに傷つきやすいのか例をあげながら分類していき、その対処法を述べるのでおつきあいを。

怒られるから・叱られるから「する」という動機を溶こう

何かをする動機が「怒られるから・叱られるから・責められるから」ということは、あなたの可能性を摘み取っている。 持ち得ている才能を使わず、ただ毎日を消費するのは、あまりにもったいない。 もっと生き生きと自由に生きるためにも、その動機を溶く方法…

冷たくあしらわれる/軽んじられる、ホントの理由

アダルトチルドレンならば、一度や二度は経験したことのあること。 [ 冷たくあしらわれる、や、軽んじられる ]さぞ、頭の痛い問題だろう。傷つくのはあなた一人で、だれも分かってくれない、味方してもくれない。 そのことが余計、あなたを追い詰める。きっ…

集めても、集めても、手からすり抜けていく

SNS映えする写真を撮り、リア充をアピールし、キラキラした自分を演出しているのに、いまいち幸福感が足りない。 オカシイ。なにが足りないのか?何がいけないのか? そう悩む皆さんのことを考えてみたいと思う。

小さな違和感-言葉

私のブログを読んで下さっている方は、きっとお気づきだと思う私の文章の欠点。 →目線がうろちょろしすぎ。自分目線で書いたかと思うと、相手目線で返したり、世間の目線に移動したりが前振り無く行われるので、読んでいる人を戸惑わせる。 そんな目線も含め…

やっと分かってきた!どんな人とつきあったらよいか。

たとえば、 「KOMAさんって、とっても○○できますよね!ぜひ手伝ってください。みんなとっても助かるとおもうんです」と言われるのと、 「KOMAさんの○○の出来にはいつも驚かされます。(ちゃんとした報酬の出る)お仕事を受けてもらえませんか?」 というの。 …

とっさの言葉が表すもの

あなたは、目の前にとんでもないことが起こっている人を見て、なんて言うだろうか? その時の言葉一つが、あなたは何を見ているか?を露わにする。 見ているもの一つで、あなたの印象はずいぶんと変わる。 見ているものの差が、どこから生じるのか、どうやっ…

居場所は探すのではなく、作るもの

今日の朝ドラで、戦地から帰ってきた夫が大きく変化した状況になじめず、疎外感を味わうシーンが印象的でした。 さて、自分を受け入れてくれる場所、すなわち居場所は、探せばどこかにあるのか?はたまたそうではないのか? ちょっと考えてみたいと思います。

どうやったら自信がつくのか?

このブログで何度も取り上げている、自信をつける方法。 また、新たな見知にたどり着いたので、説明させて欲しい。

読んでためになる本の紹介

アダルトチルドレンの定義を知って、当てはまると自覚しても、次になにをやればいいのか分からない。 生活に支障が出るほど苦しんでいるなら、専門機関に助けを求めるだろう。 しかし、ほとんどの人は生きにくいだけであって、即、命が脅かされるわけではな…

キレイ事かホンモノか?

ちょっと前にいただいたコメントが自分の中で引っかかっていて、浮かんでは消え、浮かんでは消えしています。 斉藤学氏の本の中にあった言葉を思い出しました。 「あなたのすることは全て、 自分を守っているためにやっていることです。~中略~ 「生き残り…

AC回復方法、とうとう見つけた気がする!!

たぶんこのブログで一番読まれているであろう i-concept.hatenablog.jpの続きです。 書いたのは、今から4年前の2012年11月。 当時は心を癒やす方法として、さまざまな手法をご紹介しました。今日はもっと変化に結びつく方法を見つけたので、概要を説明したい…

「対立」を恐れていないか?

あなたはだれかと「対立」したとき、どのように応対しているだろうか? 私は多少の議論は試みた後、だいたいの人とはつながりを切ってしまった。 多くの大人が、[人とのつながりの難しさ]を口にしているのを見ると、こうなるのは私だけではなさそうだ。「和…

我が子を堂々とした人にするには?

貴方は何事にも動じず、堂々とした振る舞いをするタイプだろうか? それとも、周りに影響を受けやすく、びくびくした振る舞いをするタイプだろうか?今からウン十年前の就職活動時、私はハキハキとした人物だと印象づけるために、明快な返事、きびきびとした…

大切にされる人/されない人/邪険にされる人の違い

みんなから愛され、大切にされる人を横目に、誰にも相手にされない自分を惨めに感じたことはないだろうか? 今日はそんな人のために、大切にされる人/されない人/邪険にされる人の違いについて考察しようと思う。 イケメンや美女を恨み、どうせ自分なんか・…

偉そうにふんぞりかえった自分との対決

「KOMAさん、偉そうだよ。」 「上から目線だね。」 そう言われる度凹んだ。話しても、話しても、伝わらない。 かといって、聞き役ばかりも疲れる。アタシ、どうすればいいんだろう???

心がビクついている理由は?

心がビクつくときとは? ちょっとだけルールから逸脱する時、心がビクつくことはないだろうか? 例えば 駐車場が障害者用しか空いてないくて、やむを得ず停めるとき 白い布を持ってきて下さいと言われたのに、きなり色しか手に入らないとき誰かに後ろ指ささ…

自分の小心ぶりをどうするか?

どこからどうみても、小者感満載の私。 どれほどノミの心臓なのか、観察してみよう。 ”我こそは小心者だ”と思う皆さんも、ご一緒にどーぞ。

楽器を習うのは、なんのため?

小さい頃、バイオリン・ピアノといった習い事の経験者はかなりいるのではないだろうか?

無理はしない、でも変わる

新幹線で遠出したので、暇つぶしにそこそこ有名な方の心理本を読んだ。 さすが有名なだけあって、言っていることは的を射ているし、独自の視点もある。 ただ、一つ気になったのが、 「あなたは元々価値ある存在だと思い込みましょう」というとこ。

私は世界を何色に見ているか?

交渉の方法を記した書物を読んでいました。私はあまり交渉が上手くない。というより気が重いのです。しかし、この書物を読んで、考え方を変える気になりました。

親友という概念から自信を理解する

「どうやったら、自信が持てますか?」この問い、多くの人が抱えているだろう。ありがちなのは、条件をクリアしたら。条件とは、試験に合格する有名処に就職する恋人が出来るモテるイケメンに生まれるなどなど。でも、それではまやかしの自信しか生まれない。

怠惰な考えのままでいるから批判的に出る

アダルトチルドレン(AC)が社会に上手く溶け込めない理由の一つに、批判的ということがあります。自分が譲れないと感じることを意思表示するときに、批判的になってしまうのです。

アダルトチルドレンにとっての本

昨今、アダルトチルドレン(AC)に関する書籍が多く出回るようになりました。本を手に取るとき、貴方は何を期待しますか?

買い物は自立への一歩である

貴方はお買い物に行くとき、どのように買う物を決めているだろうか?

「貴方は悪くない」のである

ゴールデンウィークに2本映画を見た。一つは、グッドウィルハンティング、もう一つはロクヨン。この二つに共通する話題は、自分の殻に閉じこもった人々。

アダルトチルドレンのメカニズムと脱却の一歩

アダルトチルドレンは、生きづらさを感じている。今日はそのメカニズムについて考えてみることにする。

自分の意識が集中しない

自らの行動を第三者的に見ると、”なんて落ち着きのない、集中力のない思考回路を持った人間なんだろう”と呆れることが多い。このブログでも、話題が一本に絞れず、あっちに飛んだり、こっちに飛んだり、読者に迷惑を掛けたこと、数知れず。じぃ~くりと深く…