心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

カウンセリングにおける言葉の物足りなさを払拭したい

私が御世話になったカウンセラーは男女比5:1で男性が多かった。
そのせいだろうか、あまりピンとくる言葉を掛けてもらった気がしない。

当時は「まぁ、私も大勢いる患者の一人だからね~」くらいに思っていたけれど、立場を変えて自分が診る側になると、案外そうでもない。はたして先生方は、本当に”私”をみてくれてたのだろうか?

続きを読む

不慮の事故で身内の命を奪ってしまった人に馳せる思い

先週土曜日父親が2歳になる息子を車でひいてしまうという痛ましい事故がありました。
少し前には祖父母のが飼い犬が孫にかみついて死亡させるという事故もありました。

予期せぬことで身内の命を奪ってしまった人たち。
その苦悩は察するに余りあります。

周りからは責められ、自分で自分を責め、なんど「この命と交換したい」と思ったことでしょう。
生き返らすことのできない命、そしてそれを奪ったのが自分という事実。責任と大切な人を失った喪失感のダブルパンチが、我が身を襲います。

不慮の事故は誰にでも起こりえます。対岸の火事ではありません。でも私たちは「彼らは不注意が過ぎたんだ」とどこかよそ事と捉えています。苦悩は「自分でなんとかしなさい」と。
確かに当事者でないとわかり得ない気持ちです。できれば我が身に降りかかったと考えたくない。だからといって放って置いていいものか、と思うのです。

続きを読む

豊田真由子氏のような暴走心理に思うこと

衆議院議員の豊田真由子氏が男性秘書に向かって吐いた暴言及び暴力が、波紋を呼んでいる。
これが特別に取り上げられるのは、暴言の内容が「人格破綻でしょ」レベルだからだ。

秘書に向けて「このハゲェ~」と見た目を揶揄したり、秘書の家族を勝手に事故に遭ったと想定して悲惨な現場を歌にしたり。秘書のミスを咎めたとかいうレベルに留まっていない。

これを女性ならではのヒステリーと評する人もいるが、そもそも性別関係なくストレス耐性のない人は、溜まった不満を強烈な形で吐き出そうとする。この強烈さは、普段の姿からは想像もできない。だからこそ、普段とのギャップに周りは驚かされる。

続きを読む

セクハラ、パワハラを許すな!黙ってやり過ごすのは本当に吉?

世の中には性格の曲がった人がいて、こちらが下手に出ると、つけあがる。
心の中でなめてかかって、「どうせコイツは言い返してこない。せいせいするまで痛めつけてやろう」と思っている。

素直な我々は、「私が黙って見過ごすことで、穏便に済むなら…」と苦笑いでやり過ごす。
多くの女性が取ってしまうこの態度。実は思うほど事態を丸くは収めない。

さらに相手をつけあがらせるのだ。
だとしたら、どうすれば相手を諌められるのか?

続きを読む

相手を見ずにやったことはすべて暴力になるかもしれない

いつも何気なく使ってる言葉、たとえばふと湧いた疑問、ひらめきやアイデア、感じたこと、を口にするとき、相手を目の中に入れてるだろうか。

かなりの人がいれてない思う。
思いついたんだからいいじゃない!という理由で話し続けた結果、周りに人がいなくなったという40代OVERが増えている。

友達ができない、仲良く出かける人がいない。そう嘆いてる方は知らぬ間に相手を傷つけてしまっているのかもしれない。

続きを読む

逃げることのできない「人を罰するのは爽快」という性

先週見たドラマ「あなたのことはそれほど」の中の「人を罰するのは爽快ですよね」って台詞が頭から離れません。

みなさんはこの「爽快さ」、ありますか?
私は、あります。

実際に行動にでなくても、脳内で罰して、スカッとしています。
そしてを無理に辞めようとは思いません。

考えるだけなら害はないので。

それより「そんなことを考えてる私、許せない。罰したいなんて気持ちさっさと捨てな」といい子ちゃんぶる方が問題だと思います。

消えることのない「人を罰したい」という気持ち。あなたはどう向き合っていますか。

続きを読む

「あなたのために」は巧妙に本心を隠すための技

周りに「あなたのために」「あなたのことを思って」など、なにかと「あなた」を強調して考えを押しつけてくる人はいませんか?
その目的が本当に「あなた」を救うことなのかは、疑わしいです。

「あなたのために」でグイグイ押す人の心を知って、必要のないソレを上手くかわしてみませんか?

続きを読む

ACになったのは親のせいだけど、だからって恨めっていってるんじゃない

このブログを書き始めた頃、自分の中で親への恨みが湧いては消え、湧いては消えしていた。
文の中に恨み辛みを込め、呪詛か怨念の如く愚痴を吐き出していた。

その頃にお読みいただいてた読者には、たいそう見苦しい文をお見せして、申し訳ない。
ただアダルトチルドレンの回復に着手した当初は、何をすればいいのか皆目見当が付かず、思いのままを綴るしかなかった。

毒は吐けば、消えて無くなる。当時はそう信じていた。
ところが書いても書いても恨みは終わらない。

どうもこのやり方は、効果がなかったらしい。
もし私と同じくアダルトチルドレンの苦しみの最中にあって、どうやったら回復するのか迷っている人がいれば、お目通しいただきたい。

続きを読む

当たり前に縛られると余裕のある子育ては出来ないと思う

公共の場でキャッキャと走り回る子供。それをみてお母さんが「静かにしなさい!周りに迷惑でしょ」と叱るのは毎度のパータン。

けれどこの風景になにか大切なものを置き忘れていないだろうか?

続きを読む