読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の流れBlog

心の守り方を真剣に考える

アダルトチルドレンのカウンセリングでぶちあたる壁

カウンセリング関連

いままでカウンセリングを受けてきて、そして施してきて、

アダルトチルドレンがぶちあたる壁はなんでいつも同じなんだ?

とつっこみたくなるほど、同じところにたどり着きます。
これって偶然じゃないよね? 

偶然じゃないとしたら、そこになにかあるよね? という考えに至ったので、「アダルトチルドレンのカウンセリング」に特化して、考えてみたいと思います。

続きを読む

夫より友達の結婚相手がハイスペックだったら嫉妬するのはヤバい

恋愛・結婚

久しぶりに連絡をしてきた友達は、開口一番「結婚することになったの♥」と幸せ一杯の報告をしてきた。「おめでとう」と返しつつどんなお相手か探りを入れると、どうやらエリートらしい。
そんなとき、頭をかすめるのは我が夫。

やさしく、いいパパだけど、至ってフツーのサラリーマン。友達の婚約者の足元にも及ばず。
友達をただただ羨ましい~と思うだけでなく、気づいたら”なんであの子が私よりいい相手と結婚するわけ!!” と嫉妬心に取り憑かれた自分がいた。

そんな自分でいいのだろうか?

続きを読む

「COCORA 自閉症を生きた少女」を読んで

アダルトチルドレン

COCORA 自閉症を生きた少女 1 小学校 篇
COCORA 自閉症を生きた少女 2 思春期 篇

この本を読む前は、表紙の少女に言いしれぬ恐ろしさを感じ、足がすくんだ。
だが、読んでみてAmazonのレビューとは裏腹に、作者の感じたこと、体験したことを身近に感じることができた。

この本に表される豊かな表現は、アダルトチルドレンが自分の置かれた環境を遠くから見つめる道しるべとなるかもしれない。

続きを読む

「どうしたの?」に答えられない理由

アダルトチルドレン

誰かが声を掛けてくれる
ーどうしたの?ー

それに答えられない自分がいる。

答えるのなんて、とても簡単でしょ! と思うかも知れないが、一定の環境下で育った人間にとって、どうしたの?は文字通りの意味ではない。それは失意の始まりだから…。

続きを読む

カウンセリングが成功するための条件

カウンセリング関連

ー患者さんにはカウンセリングを受けてもらう以上、効果を出したいー
そう思わぬカウンセラーなどいないでしょう。

けれど実際は患者さんに振り回されて、後手後手に回ってしまい、ただのおしゃべりになっていることがあります。
そうならないように、カウンセラーは問題の構造を見つけ出す努力をし続けなければならないと思います。

続きを読む

情熱大陸のディレクターはどうすればよかったのか?

考え事

ニュースで、情熱大陸のディレクター(以下 D)が番組プロデューサー(以下 P)が吉田沙保里選手に関して、許しがたい発言をしたので抗議のメールを送り、番組を降りたと報じられた。

会話を読む限り、Pに問題はありそうだ。だがPの下で働くスタッフは面と向かって「Pが間違っている」とは言えない。お茶を濁して「こんな風なことがあったようですね」とマイルドにごまかしてる。

いつの時代も人を大切に出来る人間が割を食う。悪貨が良貨を駆逐する世の中でいいんだろうか?
Dの振る舞いがもう少し戦略的であれば、良貨が勝利にしたのに、と思う。

続きを読む