心の流れBlog

上手くいかなくて迷い込んだときの読みもの

モテない人のやりがちな気遣い

「何を考えてるのか、分からない」「いい人だけど印象薄い」
そんなモテない人に共通する点は、「相手の要望を叶える側に回ろうとすること」。

モテない人は相手の要望を叶えると喜んでもらえると信じている。だから一生懸命努力して、「相手を喜ばせよう」とする。
けどやったところで残念なことに、けんもほろろな返しを喰らう。

なぜ思ったほどに喜んでくれないかといえば、それは「ふつー」だから。ふつーとは想像の域を超えないの意味。
相手の言ったことを相手の言ったまま実現したとしても、相手の心は動かない。相手からすれば想定内の出来事が想定通りに起きただけ。必然的に冷めた態度となる。

なんだ、頑張った割にちっとも報われないじゃないか。
じゃあ報われるためにどうしたらいいのだろう?

続きを読む

不倫や恋愛で相手のことが頭から離れず苦しくなったときにやること

この恋は自分にとって良くない、でも彼のことが頭から離れない。
その気持ち、よく分かります。

悪いと分かってれば分かってるほど、理性では抑えようとして、でもあふれ出る恋心をどうすることもできず、やっぱり彼から連絡を待ってしまう。

苦しいですよね。ダメだって分かってるから余計に。
そんなとき、ちょっとだけでも冷静になれる方法があったら、試してみたいと思いませんか?

続きを読む

コミュニケーションを取るのはテトリスをやってるのと同じ

最近プロゲーマーの話を耳にする。少し前にトキドというハンドルネームの男性にスポットを当てたドキュメンタリー番組が放送されていた。私たちが子供の頃はゲームは単なる遊びでしかなかったが、今では立派な競技へと成長を遂げている。ただボタンを押していればいいのではなく、戦略性、体力、精神力といったスポーツ選手並みの素養が要求される。

そこまでキツくはなくても、我々も日常において、ゲームのようなことをしている。

続きを読む

心の眼

「あの人キレイ」は誰でもいえる

「あの人肌の手入れ頑張ってる」はいえない

人はいつも評価者の目線で、いい・悪いを判断する

だから世界は冷たいんだ

もっと頑張ってる姿、見よーよ

踏ん張ってる姿、見よーよ

あの人のホントの姿は、心の眼を通してしか見えないんだから

なぜ、不倫をしてはならないのか?

TV番組でお笑い芸人の中川パラダイスさんが、「俺は不倫をしている。嫁もしてるからお互いさま」といい、共演者から非難を浴びていた。
彼曰く、「家族の形はそれぞれ」らしい。

その昔、私も「相手を一人に絞るなんてできない。互いの了解があれば、それでいいよね」と思っていた。しかしこれは心理学的には問題がある。子供の人格形成に云々言う前に、もっと確実に心をむしばむ。
やはりひんしゅくを買う行為は、理屈は分からなくても、それなりの害悪をまき散らしているんだ。

続きを読む

幸せのおすそ分けにイラッとした気持ちを静める方法

結婚式に出席して、幸せのおすそ分けと称した催し物(主にブーケトス・プルズ)に参加されられたことありませんか。そのときイラッとしませんでしたか。
独身者をさらし者にしてないか!と。

幸せの基準は人それぞれです。結婚を幸せと思う人もいれば、独身を幸せと思う人もいる。身近に花があることを幸せに思う人もいれば、人工物を飾る方が幸せという人も。相手の「幸せ」をピタリと当てるのは難しく、当てずっぽうでは押しつけになります。

だからこそ、安易に「【幸せ】のおすそ分け」なんて口にしてはいけないのだと思います。

続きを読む

臆病な人ほど高望みして世界からの隔離をもくろむ

「臆病な人」というと、なんだか冴えない、ビクビクした人を思い浮かべる。視線は下を向き、ゴニョゴニョと話し、一体何が言いたいのか分からない。そんなヤツと根気よく会話を続けてみると、分不相応な望みを抱いていると分かる。

続きを読む

なぜ、あの人と会うといつも疲れるのか?

あの人と会うととにかく疲れる。家に着くとしばらく動けない。会うのは半年後くらいでいっかな。
そう思う相手、いるだろうか。

私にはいる。そして私の思う疲れる相手とは以下のどれかに当てはまる。

・決めなくてはならないことを丸投げしてくる
・価値観を押しつけてくる
・話を聞いてくれない(聞き役をやらされる)
・見当違いの回答をしてくる

さて、この「疲れる」。私の中の何かが奪われるから、そう感じられるのだろう。
果たしてそれは何だろう?

続きを読む

結婚相手を見極める方法の一つ

朝から発達障害の夫を持つ妻の悩みを読んでいる。

彼女らの主張はこうだ。
「全然話が通じない。穏やかだけど、頼りにならない。場合によっては家族を危険に晒す。私の心は壊れる寸前。死にたい、もしくは死んでくれ」。

この辛い状況を分かってくれる人もおらず、かといって放り投げるわけにもいかず、といった苦悩が垣間見える。

だが、彼女らは強制されて結婚したわけではない。自らの意思でそうした。なのに成人した一女性が、これほどまでに相手選びを後悔するのか不思議に思う人もいるだろう。

そこで、結婚相手を見極める方法を一つ、提案したいと思う。

続きを読む